コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一打ち イチウチ

デジタル大辞泉の解説

いち‐うち【一打ち】

箇条書きの各条の始めに「一」の字を書くこと。ひとつがき。
《「一」の字に見たてて》眉(まゆ)のこと。
「―をかみそりで消す惜しいこと」〈柳多留・一二〉

ひと‐うち【一打ち】

一度打つこと。
一撃で打ち倒すこと。「敵を一打ちにする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちうち【一打ち】

箇条書きで、各条の初めに「一」の字を記すこと。ひとつがき。
〔眉まゆを箇条書きの際の一打ちに見たてていう〕 眉のこと。 「 -を剃刀で消す惜しい事/柳多留 12

ひとうち【一打ち】

( 名 ) スル
一度打つこと。
ただの一度で打ち倒すこと。 「敵を-にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一打ちの関連キーワード箇条書き西遊記ビート各条一撃靫猿蹴彫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android