誹風柳多留(読み)はいふうやなぎだる

旺文社日本史事典 三訂版「誹風柳多留」の解説

誹風柳多留
はいふうやなぎだる

江戸中・後期順次発刊された川柳句集
「俳風柳樽」とも書く。1765年初編刊。1838年167編で終刊。初代柄井 (からい) 川柳(24編まで)から5世川柳までの投句を板行した『川柳評万句合 (まんくあわせ) 』の中から数万収録。初編から23編までの編者呉陵軒可有 (ごりようけんかゆう) で,初代川柳生存中の24編までにこの小文芸の本質は出つくした観があり,以後狂句調になり,文学性を失った。江戸庶民の生態を知るのに好適な史料

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「誹風柳多留」の解説

はいふうやなぎだる【誹風柳多留】

川柳集。一六七冊。呉陵軒可有ほか編。明和二~天保一一年(一七六五‐一八四〇)刊。一~二四編前半までは初代柄井川柳、以下五世まで代々撰集。「川柳評万句合」の中から、前句を省いても意味の通じる句を集めた小型本。川柳風・誹風狂句と称して川柳文学を確立した書。やなぎだる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android