コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般貸倒引当金 いっぱんかしだおれひきあてきん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

一般貸倒引当金

債権回収ができないことを予想して、そのために引き当てておく金額のこと。金融機関が、融資先企業の融資資金の返済能力を判断し、融資資金を回収できない可能性に備え、あらかじめ計上する引当金のこと。貸出金や売掛金などの債権については、それらが100%回収できるという保証はない。そこで、健全な財務戦略として、それぞれの債権のリスクに応じて、適度な比率で引当金を積んでおく必要がある。事前に準備しておくことで、いざ回収不能になった場合でも、いきなり大きな損失で大打撃を受けるという可能性が少なくなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐かしだおれひきあてきん〔‐かしだふれひきあてキン〕【一般貸(し)倒(れ)引当金】

金融機関が、正常先要注意先に対する債権について、債権の区分ごとに、過去の実績に基づいて予想損失額を算定し、計上する貸倒引当金。→個別貸倒引当金

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一般貸倒引当金の関連キーワード補完的自己資本実質業務純益コア業務純益業務純益

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android