コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貸倒引当金 かしだおれひきあてきん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

貸倒引当金

売掛金や貸付金など、債権回収が不能になった場合に備え、各期の利益から債権の額に応じて積み立てておく金額のこと。債権のリスクに応じて適度な比率で引当金をあらかじめ積んでおけば、いざ回収不能となった場合、大きな損失を被るリスクを回避できる。近年、金融機関の融資先資金の回収ができない、いわゆる不良債権問題が表面化。銀行などは、融資先企業の返済能力を独自に判断し、回収できない可能性に備えて貸倒引当金を大幅に積み増す例が相次いだ。貸倒引当金には、個別貸倒引当金一般貸倒引当金の2種類がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かしだおれ‐ひきあてきん〔かしだふれ‐〕【貸(し)倒(れ)引当金】

簿記で、決算日現在の実際残高を正しく示すため、将来発生すると予想される売掛金・貸付金などの貸し倒れに備えて控除項目として計上される引当金

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

貸倒引当金

貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)とは、銀行などの金融機関が、融資先企業の融資資金の返済能力を判断し、融資資金を回収できない可能性に備えて、あらかじめ計上する引当金のことをいう。銀行の債権は、破綻先、実質破綻先、破綻懸念先、要注意先、正常先に分類される。貸倒引当金には、個別貸倒引当金と一般貸倒引当金がある。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かしだおれひきあてきん【貸倒引当金】

貸し倒れになる場合を予想して一定割合を引き当て、費用として計上できる金額。貸倒準備金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貸倒引当金
かしだおれひきあてきん
allowance for uncollectible accounts

債権に対する回収不能見込額を表すために設定され、債権勘定に対してマイナス要因として作用する勘定科目。受取手形、売掛金、貸付金などの債権は、会計年度末の債権が全額次期以降に回収されるとは限らない。回収不能が見込まれる金額は、これを控除して、実質的な回収額を算定することが必要となる。金融商品会計基準においては、債権の貸借対照表価額は、取得価額から貸倒見積額に基づいて算定された貸倒引当金を控除した金額とするとされている。この場合、債権額から直接減額すると、もとの約定額が不明となることから、債権額をそのままとし、これに対しマイナス要因として作用する貸倒引当金勘定を設け、両者の比較から実質的回収額がわかるようにする。すなわち、間接控除である。なお、貸借対照表上は、貸倒引当金を明示する間接控除法のほか、直接控除による債権額の表示も認められる。[宮崎 徹・中村義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の貸倒引当金の言及

【引当金】より


[分類]
 現行の会計諸則が規定する引当金は多様であるが,これを貸借対照表上に記載する場合の方法の違いによって大別すれば,資産の控除項目として計上される引当金(評価性引当金)と,負債項目として計上される引当金(負債性引当金)に分けることができる。(1)評価性引当金の代表例は貸倒引当金である。それは,金銭債権(受取手形や売掛金などの売掛債権と,貸付金などの融資額との双方が含まれる)について,経験率などによって予想した取立て不能の見込額である。…

※「貸倒引当金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貸倒引当金の関連キーワード不良債権のオフバランス化BIS 基準自己資本販売費・一般管理費補完的自己資本貸倒引当金繰入繰延税金資産実質業務純益コア業務純益税効果会計引き当て金差額計上法監査手続自己資本資金会計累積債務簿外債務当座比率業務純益自己金融回収基準

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貸倒引当金の関連情報