債権(読み)さいけん(英語表記)obligation

翻訳|obligation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ある (債権者) が他の者 (債務者) に対して一定の行為 (給付 ) を請求しうることを内容とする権利をいう。金銭借主に対して貸金返還を請求する貸主の権利,家主に対して家屋の引渡しを請求する借家人の権利,被用者に対して労務を請求する雇主の権利などが具体例である。債権と物権財産権のおもなもので,物権が物に対する直接の支配権として排他性をもつのに対し,債権は人に対する請求権であり排他性をもたないのが原則である (例外として不動産賃借権がある) 。債権発生原因として契約,不法行為,事務管理,不当利得が主なものであるが,遺言のように単独行為が原因となることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ある特定人(債権者)が他の特定人(債務者)に対して一定の行為(給付)を請求することを内容とする権利。物権とともに財産権の2大体系である。物権との根本的な差異は,物権が物に対する直接の支配権として排他性をもつのに対して,債権は人に対する請求権として排他性をもたない。このことから,債権は,特定しないもの,独立の存在をもたないものについても成立する。債権発生の原因は,契約不法行為事務管理不当利得である。債務者が債務を履行しないときは(債務不履行),債権者はその強制履行を求め,また損害賠償を請求することができる。
→関連項目債権質債権譲渡財産権債務消滅時効賃借権賃貸借

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 財産権の一つ。債権者が債務者に対して、一定の給付(作為または不作為)を要求する権利。⇔債務。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の債権の言及

【債権・債務】より

…特定の人(債権者)が他の特定の人(債務者)に対して,一定の行為(給付)を請求する権利を債権といい,これを請求される側からいえば債務となる。たとえば,甲が乙に対して一定期日まで100万円を貸した場合に,期日がくれば,甲は乙に対して〈100万円を返せ〉と請求でき,これに応じて乙は100万円を返さなければならない。…

【時効】より

…以上の考え方に対して,日本の民法学界では,時効期間が経過しただけでは,まだ時効の効果は確定的に発生するわけではなく,援用があってはじめて時効の効果は確定するという見解(停止条件説)が有力である。
[援用権の喪失]
 債権者がその優越的立場を利用して,債務者に対して前もって時効を主張させないようにすることを,民法は禁止している(146条)。これを認めると,古い証拠に基づいて裁判することが避けられなくなり,裁判の公正が確保できないからである。…

※「債権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

債権の関連情報