一般運動量(読み)いっぱんうんどうりょう(英語表記)generalized momentum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般運動量
いっぱんうんどうりょう
generalized momentum

運動エネルギー Tmv2/2 を速度 v で微分すれば dT/dvmvp となり,運動量 p を得る。解析力学では,運動エネルギー T およびラグランジュ関数 L を一般座標 qi ( i=1,2,…,f ) とその時間導関数である一般速度 とで表わすとき, を一般運動量または一般化運動量,正準運動量という。一般座標 qi が長さの量ならば一般運動量 pi は普通の運動量の成分,qi がある軸のまわりの角度ならば pi はその軸のまわりの角運動量成分を表わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android