七掬脛(読み)ななつかはぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

七掬脛 ななつかはぎ

古代伝承上の人物。
日本書紀」によれば,景行天皇40年日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征にあたり,膳夫(かしわで)(食膳係)に任命された。久米直(くめのあたい)の祖であるともいう。七拳脛ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android