三世の奇縁(読み)さんぜのきえん

精選版 日本国語大辞典「三世の奇縁」の解説

さんぜ【三世】 の 奇縁(きえん)

さんぜ(三世)の縁〔文明本節用集(室町中)〕
※車屋本謡曲・橋弁慶(1550頃)「これ又三世の奇縁の始め。今より後は、主従ぞと契約かたくつかまつり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android