コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋弁慶 ハシベンケイ

5件 の用語解説(橋弁慶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はしべんけい【橋弁慶】

謡曲。四番目物弁慶が京の五条橋で牛若丸と戦って降参し、主従の契りを結ぶ
に取材した歌舞伎舞踊。義太夫節長唄などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

橋弁慶

古典落語の演目のひとつ。禽語楼小さんが演じた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はしべんけい【橋弁慶】

(1)能の曲名。四番目物。現在物。作者不明。佐阿弥作ともいう。シテは武蔵坊弁慶。ある日弁慶は従者(ツレ)から,最近五条橋にふしぎな少年が現れて人を斬るといううわさを聞き,退治に出かける。少年というのは牛若(子方)で,母の言いつけで明日は鞍馬寺に入る手はずなので,今夜がなごりだからと五条橋に出かける。すると物々しい姿の弁慶が大薙刀(おおなぎなた)をかついで現れたので,牛若はいたずらっぽく弁慶にからむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はしべんけい【橋弁慶】

能の一。四番目物。武蔵坊弁慶が五条の橋で牛若丸と闘い、敗れて、主従の誓いをするまでを演じる。原曲は「笛之巻」。
に基づく、義太夫・富本・河東・一中・長唄などの曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋弁慶
はしべんけい

能の曲目。四番目物。五流現行曲。作者不明、佐阿弥(さあみ)説もある。『義経記(ぎけいき)』によったものか。武蔵坊(むさしぼう)弁慶(前シテ)は五条の天神への丑(うし)の刻詣(もう)でをしていたが、満願の夜、従者(ツレ)から五条の橋で小太刀(こだち)で人を斬(き)る化生(けしょう)のような少年のことを聞き、いったんは神詣でを思いとどまろうとするが、いや聞き逃げは無念と、それを討ち取る決意をする(中入り)。牛若(子方)は、母の言いつけで明日は鞍馬寺(くらまでら)にあがろう、今夜が名残(なごり)と、五条の橋で人を待つ。大薙刀(なぎなた)を担いだ弁慶(後シテ)が現れるが、女装した牛若に油断して通り過ぎる。薙刀を蹴(け)上げた牛若と弁慶は激しく戦うが、さすがの弁慶もさんざんに翻弄(ほんろう)され、ついに降伏して主従の縁を結ぶ。観世(かんぜ)流には「笛之巻」の特殊演出があり、前段がまったく変わり、羽田秋長(はねだあきなが)(ワキ)に伴われた牛若が、母の常盤(ときわ)(前シテ)に人を斬ることをいさめられ、源家に伝わる笛の秘事を聞く。御伽(おとぎ)草子にも『橋弁慶』があり、義太夫(ぎだゆう)節に近松門左衛門の『孕常盤(はらみときわ)』ほか、一中(いっちゅう)節、河東(かとう)節にも流れがあり、長唄(ながうた)『橋弁慶』も名高い。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橋弁慶の言及

【ワキ】より

夢幻能(むげんのう)の作劇法では冒頭にワキが登場して,時,所,劇的シチュエーションを設定することから話が始まる例が多く,シテ登場後は,シテの演技の引出し役に徹する。一方,現在能ではシテと互角に対立する役も多く,また《羅生門》などのようにワキが一曲の主役である例もあるが,まれに《小袖曾我》《橋弁慶》などワキの登場しない演目もある。なお,映画,演劇などにおける脇役(バイプレーヤー)とはかならずしも同義語ではない。…

※「橋弁慶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橋弁慶の関連キーワード現在物鉢木望月一番目物二番目物放下僧舞車四番目物小袖曾我初番目物

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋弁慶の関連情報