コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三使浄足 みつかいの きよたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三使浄足 みつかいの-きよたり

?-? 奈良時代の人。
駿河(するが)(静岡県)多胡浦の浜でえた金を天平勝宝(てんぴょうしょうほう)2年(750)献上し,絁(あしぎぬ)40疋(ぴき),綿30屯(もち),正税(しょうぜい)2000束をあたえられ,無位から従六位下になった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三使浄足の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android