天平勝宝(読み)テンピョウショウホウ

大辞林 第三版の解説

てんぴょうしょうほう【天平勝宝】

年号(749.7.2~757.8.18)。天平感宝の後、天平宝字の前。孝謙天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんびょうしょうほう【天平勝宝】

⇒天平勝宝(てんぴょうしょうほう)

てんぴょうしょうほう【天平勝宝】

日本の元号(年号)。奈良時代の749年から757年まで、孝謙(こうけん)天皇の代の元号。前元号は天平感宝(てんぴょうかんぽう)。次元号は天平宝字(てんぴょうほうじ)。749年(天平感宝1)7月2日改元。孝謙天皇の即位にともない行われた(代始改元)。この頃、朝廷政治の中心は橘諸兄(たちばなのもろえ)だったが、孝謙天皇即位後、藤原仲麻呂(なかまろ)(後の恵美押勝(えみのおしかつ)、藤原武智麻呂(むちまろ)の子・藤原不比等(ふひと)の孫)の発言力が増し、諸兄は酒席で不敬の言があったとの讒言が原因で失脚した。一方、752年(天平勝宝4)には東大寺大仏(盧舎那(るしゃな)仏像)が完成し、開眼供養会(かいげんくようえ)が催された。754年(天平勝宝6)には唐より鑑真(がんじん)が来日している。前天皇の聖武帝は756年(天平勝宝8)に56歳で崩御し、皇太后の光明子(こうみょうし)は聖武の遺品を東大寺に納めた。これが東大寺正倉院の始まりである。755年(天平勝宝7)には、勅命により「年」の記述が「歳」に改められた。このため、以後は天平勝宝7歳・8歳・9歳と表記された。なお、天平宝字へ改元した時、再び「歳」から「年」に復されている。◇「てんびょうしょうほう」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天平勝宝の関連情報