コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正税 しょうぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正税
しょうぜい

大税ともいう。古代,国衙に収められた租稲。広義には地方財政にあてられる田租をいい,狭義には公廨稲 (くがいとう) ,雑稲に対して利を取る目的で人民に貸し与える公出挙 (すいこ) 稲をいう。例用,臨時用などがあった。例用とは国の恒例の年中行事の費用にあてるもの,臨時用とは太政官符によって特定の人物に与えたり,交易して進上する絹,綿などの料にあてたり,また窮民に賑給 (しんごう) したりするものである。正税は国司が交代するときには,その任期中の欠損は補填するものとされていたが,令制がゆるむにつれて,次第に行われなくなった。 (→正税帳 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

正税【しょうぜい】

日本古代,国郡などの正倉(しょうそう)に蓄積された租。大税(たいぜい)とも。大,正は官有の意。毎年一定量を出挙(すいこ)して,その利息を国郡の行政費に充てる。国司が作成して中央に送る正税の収支決算書を〈正税帳〉という。
→関連項目公文正倉覇流村水沼村役夫工米

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぜい【正税】

律令制下において諸国の正倉に収納されていた稲穀をさし,大税(たいぜい)ともいう。主として毎年の田租収入と正(大)税出挙(すいこ)の利息によって成り立っている。田租収入と出挙利息とのしめる割合は国や年度によっても異なるが,天平期においてはほぼ等しいか田租の方がやや多い程度とみられる。田租は大部分がほとんど使用されず非常時に備えて正倉に備蓄され,地方行政に関する費用,中央への貢納物の購入と運搬費用などの毎年の諸経費は出挙の利息でまかなわれていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうぜい【正税】

律令制下、国・郡の正倉に収納し、国司が管理した稲。毎年出挙すいこし、その利稲が地方行政の経費などにあてられた。大税たいぜい・おおちから

せいぜい【正税】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正税
しょうぜい

古代、律令制(りつりょうせい)下において人民から国庫に徴した田税(でんぜい)。大税、官稲ともいう。その1年間の収支決算書が正税帳である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正税の言及

【官稲】より

…賦役令土毛条義解には官稲を分かって大税,籾穀,郡稲の3種としている。大税(正税(しようぜい))は,その一部を舂米(しようまい)として京に進納するほか,出挙して利息を得,それを国衙の臨時費に充当した。籾穀は,非常の救急に備える永年貯蓄用として不動倉に収納。…

【正税帳】より

…奈良・平安時代に諸国において作成された1年間の正税(大税)の収支決算書。毎年同じものが少なくとも3通作成され,2通を正税使(税帳使)が付属帳簿(枝文(えだぶみ))とともに中央政府に提出した。…

※「正税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正税の関連キーワード依知秦秋男四度の公文弓削薩摩四度の使三使浄足正税帳使不動穀不動倉救急料荒尾氏紀必登四度使検税使正税稲正税使小物成両税法拒捍使官物郡稲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正税の関連情報