コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三内多喜治 さんない たきじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三内多喜治 さんない-たきじ

1887-1955 大正-昭和時代の口腔外科学者。
明治20年9月27日生まれ。大正3年陸軍軍医となる。7年以降陸軍軍医学校教官,済生会麹町分院口腔外科医長,日本赤十字社病院治療主幹をつとめた。昭和12年陸軍軍医少将。顔面形成外科の基礎をきずき,三内式顎骨骨折副木で知られる。昭和30年4月25日死去。67歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三内多喜治の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android