三十日蕎麦/晦日蕎麦(読み)ミソカソバ

デジタル大辞泉の解説

みそか‐そば【三十日蕎麦/×晦日蕎麦】

月の末日、特に大みそかに、細く長くの意を込めて食うそば。関西では、つごもりそば。 冬》「命ありとてもかくても―/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みそかそば【三十日蕎麦】

月の末日、特に大みそかの年越しに食べるそば。つごもりそば。 [季] 冬。 → 年越しそば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android