コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関西 カンサイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐さい〔クワン‐〕【関西】

《「関東」に対して関所の西の国の意》
京都大阪神戸を中心とする一帯。京阪神地方。
奈良時代、鈴鹿不破愛発(あらち)の三関以西の地。のちに、逢坂(おうさか)の関より西の地域。鎌倉時代以後、もとの三関以西の諸国。近江(おうみ)以西の畿内若狭以西の山陰および山陽南海西海五道の総称。

かん‐せい〔クワン‐〕【関西】

かんさい(関西)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

関西【かんさい】

京都・大阪地方の概括的な総称で,関東に対する。古くは愛発(あらち)関不破関鈴鹿関の三関以西をいう。のち近江(おうみ)の逢坂関(おうさかのせき)が重要視されるようになり,《吾妻鏡》に用例がある。
→関連項目近畿地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かんさい【関西】

福井の日本酒。酒名は、灘、伏見に代表される関西地方が名醸地といわれたことにちなみ命名。吟醸酒、本醸造酒、普通酒などがある。原料米は山田錦、五百万石、越の雫など。仕込み水は日野川伏流水。蔵元の「片山酒造」は明和年間(1764~72)創業。所在地は越前市余田町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんせい【関西 Guān xī】

中国の地名。函谷関(河南省の北西部)もしくは潼関以西の地を指し,現在の陝西省,甘粛省の地をいう。関東を関左とよぶのに対し関西を関右とも称する。【永田 英正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんさい【関西】

東京地方を関東というのに対して、京阪神地方。
逢坂おうさかの関より西の諸国。
鎌倉時代以後、鈴鹿すずか・不破ふわ・愛発あらちの三関所より西の諸国。山城・大和・河内・摂津・和泉の畿内五国と近江・伊賀および山陰・山陽・南海・西海の諸道の総称。
箱根の関所より西の諸国。
▽↔ 関東

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕関西(かんさい)


京阪神(けいはんしん)を中心とする地域の汎称(はんしょう)。「関所の西」の意で、関東(かんとう)に対する。一般に近畿(きんき)地方から三重県を除いた大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山の2府4県をさす。古くは鈴鹿関(すずかのせき)・不破(ふわの)関・愛発(あらちの)関の三関以西、または逢坂(おうさかの)関以西をさし、畿内(きない)や上方(かみがた)の別称ともなった。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関西
かんさい

現代では京阪地方の総称で、東京地方を関東と称するのに対する。本来、関(せき)より西を意味するが、古代ではこの関がどこをさすかにより、その範囲も一定しない。(1)近江(おうみ)国逢坂(おうさか)関(滋賀県)より西の地方をさす場合、(2)三関(さんかん)、すなわち伊勢(いせ)国鈴鹿(すずか)関(三重県)、美濃(みの)国不破(ふわ)関(岐阜県)、越前(えちぜん)国愛発(あらち)関(福井県)より西の地方をさす場合、また(3)箱根(はこね)関(神奈川県)より西の地方をさす場合など、おおむね三つの場合がある。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関西の関連キーワード関東炊き/関東焚き/関東煮き大阪府泉南郡田尻町泉州空港中季節限定ぴあ 関西版重ね作り/重ね造り大阪大倉商業学校関西学生野球連盟関西六大学野球ハイカラ饂飩丹後魚っ知館大阪寿司の日関西大学野球ハイカラ蕎麦ミンチカツ煮抜き卵今田 恵ぶぶ漬け五明後日関フィル押しピン関西空港

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関西の関連情報