三十棺桶島

デジタル大辞泉プラスの解説

三十棺桶島

フランスの小説家モーリス・ルブランの冒険推理小説(1919)。原題《〈仏〉L'Île aux trente cercueils》。「アルセーヌ・ルパン」シリーズだが、ルパンはドン・ルイス・ペレンナの名前で終盤に登場。『棺桶島』の邦題もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android