コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十棺桶島

1件 の用語解説(三十棺桶島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

三十棺桶島

フランスの小説家モーリスルブランの冒険推理小説(1919)。原題《〈仏〉L'Île aux trente cercueils》。「アルセーヌ・ルパンシリーズだが、ルパンはドン・ルイス・ペレンナの名前で終盤に登場。『棺桶島』の邦題もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三十棺桶島の関連キーワード赤い数珠赤い輪カリオストロの復讐ジェリコ公爵虎の牙813八点鐘バール・イ・ヴァ荘真夜中から七時までルパンの冒険

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone