コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三善忠子 みよし ただこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三善忠子 みよし-ただこ

?-? 鎌倉時代の女官。
中務権大輔(なかつかさのごんのたいふ)三善康衡の娘。後深草天皇の後宮にはいり,建治(けんじ)元年(1275)深性(じんしょう)法親王を生む。民部卿局,左衛門佐局と称された。従一位,ついで准三宮となる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三善忠子の関連キーワード深性法親王

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android