法親王(読み)ほうしんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法親王
ほうしんのう

出家以後,親王宣下 (せんげ) をこむった皇親をいう。「ほっしんのう」ともいう。白河院皇子覚行法親王 (仁和寺御室) が初例。ただし,孫王法親王の例もある。明治維新でこの号は廃止された。 (→入道親王 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

法親王【ほうしんのう】

出家した皇族の称。〈ほっしんのう〉とも。平安時代になると皇族の出家が多くなる。白河天皇の皇子覚行が出家後親王宣下を受けて法親王と呼ばれた。法親王は出家したのち親王宣下を受けた親王,その逆は入道親王と称するとされるが,同一人を法親王・入道親王と称した例もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしんのう【法親王】

出家した皇族を表す呼称。〈ほっしんのう〉ともいう。古くは古人大兄皇子大海人皇子の例があるが,平安時代に入ると,平城天皇の皇子高岳(たかおか)親王が,薬子の変により皇太子を廃されて出家し,真如と号したのをはじめ,皇族の出家の例が増加する。出家した親王に対する称呼としては,禅師親王や法師親王などの例があるが,このほかに法親王あるいは入道親王の称がある。通説では,法親王は出家した後親王宣下を受けた親王をいい,入道親王は親王宣下を受けた後に出家した親王をいうとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐しんのう ホフシンワウ【法親王】

〘名〙 出家後、親王を賜わった皇子の称。ほっしんのう。
※北山抄(1012‐21頃)二「入道親王依召参候、〈略〉法親王依仰弾和琴

ほっ‐しんのう ‥シンワウ【法親王】

※金刀比羅本保元(1220頃か)中「入道殿をば法親王(ホッシンワウ)と仰たてまつりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の法親王の言及

【入道】より

…僧侶の社会で中心となり,寺院組織の中核となる者は,幼いときに寺に入り,成年に達するころに正式に僧侶となるのが一般であったから,元服していったん俗世間に出た後に出家して僧体となった人々は,僧侶の中でも別に考えられ,そのなかで身分の高い人々を入道と呼んだのである。一般に皇子の中で親王の身分を認められた人が出家した場合,その人を入道親王と呼び,さきに出家していた皇子が親王の宣下を受けた場合には法親王と呼んで,両者を区別したことにもそのことがあらわれている。中世に入ると,一度世俗で活動した後に出家する人々が増加し,武家として活動した後に出家の姿になった者も入道と呼ばれるようになった。…

※「法親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報