コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法親王 ほうしんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法親王
ほうしんのう

出家以後,親王宣下 (せんげ) をこうむった皇親をいう。「ほっしんのう」ともいう。白河院皇子覚行法親王 (仁和寺御室) が初例。ただし,孫王法親王の例もある。明治維新でこの称号は廃止された。 (→入道親王 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

法親王【ほうしんのう】

出家した皇族の称。〈ほっしんのう〉とも。平安時代になると皇族の出家が多くなる。白河天皇の皇子覚行が出家後親王宣下を受けて法親王と呼ばれた。法親王は出家したのち親王宣下を受けた親王,その逆は入道親王と称するとされるが,同一人を法親王・入道親王と称した例もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしんのう【法親王】

出家した皇族を表す呼称。〈ほっしんのう〉ともいう。古くは古人大兄皇子大海人皇子の例があるが,平安時代に入ると,平城天皇の皇子高岳(たかおか)親王が,薬子の変により皇太子を廃されて出家し,真如と号したのをはじめ,皇族の出家の例が増加する。出家した親王に対する称呼としては,禅師親王や法師親王などの例があるが,このほかに法親王あるいは入道親王の称がある。通説では,法親王は出家した後親王宣下を受けた親王をいい,入道親王は親王宣下を受けた後に出家した親王をいうとされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしんのう【法親王】

出家後、親王の宣下を受けた皇子の称。1099年白河天皇の皇子覚行阿闍梨に親王宣下があったのに始まる。ほっしんのう。

ほっしんのう【法親王】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の法親王の言及

【入道】より

…僧侶の社会で中心となり,寺院組織の中核となる者は,幼いときに寺に入り,成年に達するころに正式に僧侶となるのが一般であったから,元服していったん俗世間に出た後に出家して僧体となった人々は,僧侶の中でも別に考えられ,そのなかで身分の高い人々を入道と呼んだのである。一般に皇子の中で親王の身分を認められた人が出家した場合,その人を入道親王と呼び,さきに出家していた皇子が親王の宣下を受けた場合には法親王と呼んで,両者を区別したことにもそのことがあらわれている。中世に入ると,一度世俗で活動した後に出家する人々が増加し,武家として活動した後に出家の姿になった者も入道と呼ばれるようになった。…

※「法親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法親王の関連キーワード尊朝法親王(そんちょうほうしんのう)法親王(ほっしんのう)青蓮院宮尊純法親王左京大夫局(2)右衛門佐局(1)左衛門督局(1)少将内侍(2)治部卿局(3)北院御室御集美濃局(1)坊門局(1)三条局(3)守全法親王栄子内親王順助法親王按察三位局恒助法親王恵尊法親王行円法親王常信親王

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android