コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

准三宮 じゅさんぐう

6件 の用語解説(准三宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

准三宮
じゅさんぐう

三宮 (太皇太后皇太后,皇后) に准じた待遇を,皇族や臣下に与えること。貞観 13 (871) 年4月,清和天皇外祖父太政大臣藤原良房に三宮に准じた年官年爵を与えたのを初例とする。以後しばしばその例をみるが,やがて名目的な地位を表わす称号となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐さんぐう【准三宮】

平安時代以降、皇族・大臣や功労ある公卿などを優遇するために設けた称号。太皇太后宮皇太后宮皇后宮の三宮に準じて、年官・年爵・封戸(ふご)を給したもの。のちには名誉称号となって、江戸末期まで存続。准三后(じゅさんごう)。准后(じゅごう)。

じゅん‐さんぐう【准三宮】

じゅさんぐう(准三宮)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅさんぐう【准三宮】

太皇太后,皇太后,皇后の三宮に准ずる待遇を与えられた人を准三宮,あるいは准后(じゆごう)という。871年(貞観13)太政大臣藤原良房が,多年の功績により,三宮に准じて年官を与えられたのが初例で,以後皇族,女御,摂政,関白,大臣などに准三宮を与えられた例が多い。准三宮の待遇は,三宮と同じく,年官として掾1人,目1人,史生3人および内官1人,年爵として従五位1人を推挙する権利を賜るのが例であったが,後には年官・年爵は与えられず,一定の地位をあらわす尊称となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone