准三宮(読み)じゅさんぐう

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅ‐さんぐう【准三宮】

〘名〙 平安時代以降、皇族、生母・准母・女御・外祖父など天皇の近親者、または摂政・関白・太政大臣その他功労ある公卿・武官・僧侶などを優遇するために、特に設けた称号。三宮、すなわち太皇太后宮、皇太后宮、皇后宮に准(じゅん)じて、年官・年爵および封戸(ふこ)を給与したもの。後世、年官・年爵・封戸が有名無実となった後も、名誉ある称号、あるいは一種の資格として、江戸時代の末まで存続した。准三后(じゅさんごう・じゅんさんごう)。准后(じゅごう・じゅんごう)
※日本紀略‐正暦元年(990)五月一三日「入道太政大臣任人賜爵准三宮、依旧不改」

じゅん‐さんぐう【准三宮】

※黒本本節用集(室町)「准三宮 ジュンサングウ 又云准三后(コウ)、又略云准后。三后者皇大后宮 祖母也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

准三宮
じゅさんぐう

三宮 (太皇太后皇太后皇后) にじた待遇を,皇族臣下に与えること。貞観 13 (871) 年4月,清和天皇の外祖父太政大臣藤原良房に三宮に准じた年官年爵を与えたのを初例とする。以後しばしばその例をみるが,やがて名目的な地位を表わす称号となった。なお,三后に准じることから准三后ともいい,略して准后 (じゅごう) ともいった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐さんぐう【准三宮】

平安時代以降、皇族・大臣や功労ある公卿などを優遇するために設けた称号。太皇太后宮皇太后宮皇后宮の三宮に準じて、年官・年爵・封戸(ふご)を給したもの。のちには名誉称号となって、江戸末期まで存続。准三后(じゅさんごう)。准后(じゅごう)。

じゅん‐さんぐう【准三宮】

じゅさんぐう(准三宮)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅさんぐう【准三宮】

太皇太后,皇太后,皇后の三宮に准ずる待遇を与えられた人を准三宮,あるいは准后(じゆごう)という。871年(貞観13)太政大臣藤原良房が,多年功績により,三宮に准じて年官を与えられたのが初例で,以後皇族,女御,摂政関白,大臣などに准三宮を与えられた例が多い。准三宮の待遇は,三宮と同じく,年官として掾1人,目1人,史生3人および内官1人,年爵として従五位1人を推挙する権利を賜るのが例であったが,後には年官・年爵は与えられず,一定の地位をあらわす尊称となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android