コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木 翠山 ミキ スイザン

20世紀日本人名事典の解説

三木 翠山
ミキ スイザン

大正・昭和期の日本画家



生年
明治20(1887)年7月15日

没年
昭和32(1957)年3月25日

出生地
兵庫県

本名
三木 斎一郎

経歴
明治36年京都の竹内栖鳳に師事。大正2年第7回文展に「朝顔」が初入選、次いで大作「花の渡」「卯月八日」などを出品。15年ころから美人画が多くなり、同年の第1回聖徳太子奉讃展「旅の宿」、無鑑査になった昭和7年の第13回帝展「嫁ぐ姉」などがある。17年第7回新文展の「元禄快挙」が官展最後。栖鳳塾竹杖会でよく師に仕えたが、18年の栖鳳没後は画壇を離れた。他に「これにも月の入りたるや」「維新の花」などの代表作がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

三木 翠山の関連キーワード広田多津

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android