コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝顔 アサガオ

デジタル大辞泉の解説

あさ‐がお〔‐がほ〕【朝顔】


ヒルガオ科の蔓性(つるせい)の一年草。茎は左巻き。葉は大きな切れ込みがある。夏の朝、らっぱ状の花を開く。種子は漢方で牽牛子(けんごし)といい、緩下剤などに用いる。東アジアの原産で、奈良時代に薬用植物として中国から渡来。江戸初期より園芸植物として栽培され、多くの品種が作られた。牽牛花。槿花(きんか)。しののめぐさ。 秋》「―や昼は錠おろす門の垣/芭蕉
キキョウの別名。〈新撰字鏡
ムクゲの別名。〈名義抄
カゲロウ(蜉蝣)の別名。
朝顔の花の形をしたもの。漏斗状の器物や、管楽器の先端部。また特に、男子用便器のこと。
朝起きたばかりの顔。
「ねくたれの御―見るかひありかし」〈・藤裏葉〉
襲(かさね)の色目の名。表裏とも縹(はなだ)色
焼き麩(ふ)をいう女房詞
源氏物語第20巻の巻名。また、その巻の女主人公の名。光源氏32歳。朝顔との恋愛、紫の上の嫉妬(しっと)を描く。
[補説]書名別項。→槿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

朝顔

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「朝顔買い」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あさがお【朝顔】

ヒルガオ科のつる性の一年草。つるは左巻き。多くは三裂した葉をつける。夏から初秋にかけての早朝、漏斗形の花を開き、昼前にしぼむ。熱帯アジア原産。日本には奈良時代に薬草として中国から伝来。江戸後期に観賞植物として急速に広まり、多くの改良品種が作り出された。種子を牽牛子けんごしといい、下剤とする。牽牛花。 [季] 秋。 《 -に釣瓶とられて貰ひ水 /千代 》
漏斗形のもの。特に、男の小便用の便器。
かさねの色目の名。表・裏ともに縹はなだまたは空色。老人が秋に用いる。
キキョウの異名。 〔新撰字鏡〕
ムクゲの異名。 〔名義抄〕
朝の寝起きの顔。 「野分のあしたの御-は心にかかりて恋しきを/源氏 藤袴
焼き麩をいう近世女性語。 「ぼたもちを萩の花、麩焼ふのやきを-/評判記・色道大鏡」
源氏物語の巻名。第二〇帖。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

朝顔 (アサガオ)

学名:Pharbitis nil
植物。ヒルガオ科の一年草,園芸植物,薬用植物

朝顔 (アサガオ)

植物。桔梗・旋花・木槿の古名

朝顔 (アサガオ)

植物。ヒルガオ科の多年草,薬用植物。ヒルガオの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

朝顔の関連キーワード朝顔合わせ・朝顔合せ朝顔煎餅・朝顔煎餠フレアスカートトランペットスールナイ打ち解け顔寄へ・比へ生写朝顔話手は見せぬ這ひ交じる雪転ばし天辺押し思ひ頽る朝顔人形言に出ず朝顔日記朝顔合せ掻き集む秋の七草朝顔煎餅

朝顔の関連情報