コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝顔 アサガオ

3件 の用語解説(朝顔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あさ‐がお〔‐がほ〕【朝顔】


ヒルガオ科の蔓性(つるせい)の一年草。茎は左巻き。葉は大きな切れ込みがある。夏の朝、らっぱ状の花を開く。種子は漢方で牽牛子(けんごし)といい、緩下剤などに用いる。東アジアの原産で、奈良時代に薬用植物として中国から渡来。江戸初期より園芸植物として栽培され、多くの品種が作られた。牽牛花。槿花(きんか)。しののめぐさ。 秋》「―や昼は錠おろす門の垣/芭蕉
キキョウの別名。〈新撰字鏡
ムクゲの別名。〈名義抄
カゲロウ(蜉蝣)の別名。
朝顔の花の形をしたもの。漏斗状の器物や、管楽器の先端部。また特に、男子用便器のこと。
朝起きたばかりの顔。
「ねくたれの御―見るかひありかし」〈・藤裏葉〉
襲(かさね)の色目の名。表裏とも縹(はなだ)色
焼き麩(ふ)をいう女房詞
源氏物語第20巻の巻名。また、その巻の女主人公の名。光源氏32歳。朝顔との恋愛、紫の上の嫉妬(しっと)を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あさがお【朝顔】

ヒルガオ科のつる性の一年草。つるは左巻き。多くは三裂した葉をつける。夏から初秋にかけての早朝、漏斗形の花を開き、昼前にしぼむ。熱帯アジア原産。日本には奈良時代に薬草として中国から伝来。江戸後期に観賞植物として急速に広まり、多くの改良品種が作り出された。種子を牽牛子けんごしといい、下剤とする。牽牛花。 [季] 秋。 《 -に釣瓶とられて貰ひ水 /千代 》
漏斗形のもの。特に、男の小便用の便器。
かさねの色目の名。表・裏ともに縹はなだまたは空色。老人が秋に用いる。
キキョウの異名。 〔新撰字鏡〕
ムクゲの異名。 〔名義抄〕
朝の寝起きの顔。 「野分のあしたの御-は心にかかりて恋しきを/源氏 藤袴
焼き麩をいう近世女性語。 「ぼたもちを萩の花、麩焼ふのやきを-/評判記・色道大鏡」
源氏物語の巻名。第二〇帖。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝顔の関連キーワード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝顔の関連情報