コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内栖鳳 たけうち せいほう

美術人名辞典の解説

竹内栖鳳

日本画家。京都生。名は恒吉、初号は棲鳳、別号に霞中庵。土田英林・幸野楳嶺の門に学ぶ。京都府画学校卒。横山大観川合玉堂と並んで日本画壇の大御所的存在であり、多くの名品を残すとともに、京都画壇の総帥として多くの逸材を育成、日本画の近代化に大きく貢献した。京都絵専教授。文展審査員。文化勲章受章。昭和17年(1942)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たけうち‐せいほう【竹内栖鳳】

[1864~1942]日本画家。京都の生まれ。本名、恒吉。初号、棲鳳。四条派画風に西洋画法を取り入れ、独自の画風を確立。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

竹内栖鳳【たけうちせいほう】

日本画家。本名恒吉。京都市生れ。幸野楳嶺に学び,1890年ころから京都画壇の新進作家として注目され,1900年―1901年欧州遊学。1907年文展開設とともに審査員となり,《雨霽(うせい)》《アレ夕立に》《おぼろ月》など意表をつく話題作を次々に発表。
→関連項目池田遥邨小野竹喬土田麦僊徳岡神泉橋本関雪山口華楊山元春挙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内栖鳳 たけうち-せいほう

1864-1942 明治-昭和時代前期の日本画家。
元治(げんじ)元年11月22日生まれ。幸野楳嶺(ばいれい)に師事し,明治33年渡欧。円山四条派の手法を基に西洋画法をとりいれて独自の画風を確立する。京都画壇の中心となり,西山翠嶂(すいしょう),土田麦僊(ばくせん)らをそだてた。昭和12年文化勲章。昭和17年8月23日死去。79歳。京都出身。本名は恒吉。作品に「アレ夕立に」「斑猫(はんびょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけうちせいほう【竹内栖鳳】

1864‐1942(元治1‐昭和17)
日本画家。〈東の大観,西の栖鳳〉と並び称され,京都画壇の総帥として文展,帝展に君臨した。本名恒吉,はじめ棲鳳と号した。京都市中京区の料理屋に生まれ,14歳で土田英林の手ほどきを受けるが,17歳より円山四条派の幸野楳嶺(こうのばいれい)(1844‐95)の門に入って画才を認められ,つねに師と行動を共にする。新古美術会,日本青年絵画共進会,日本絵画協会などに出品して名声をあげ,1889年京都府画学校出仕,99年には京都市立美術工芸学校の教諭に推された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たけうちせいほう【竹内栖鳳】

1864~1942) 日本画家。京都生まれ。本名、恒吉。初め棲鳳と号す。四条派の画法を基礎に、西欧画家の影響を受けた独自の洗練された画風を確立。代表作「鯖さば」「斑猫」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹内栖鳳
たけうちせいほう

[生]元治1(1864).11.22. 京都
[没]1942.8.23. 湯河原
日本画家。料亭亀政のひとり息子。本名,恒吉。 1881年幸野楳嶺 (こうのばいれい) に師事し,四条派を学ぶ。京都府画学校教師。 1900年パリ万国博覧会展で『雪中燥雀』が銀牌を受け,同博視察のため5ヵ月間ヨーロッパを巡歴。帰国後は棲鳳の号を栖鳳と改め,四条派の筆法に J.M.W.ターナーや J.C.コローの作風を加味し,その近代化の先駆となり,軽妙斬新な独自の写生画風を開いた。のち各種展覧会審査員,京都市立絵画専門学校教授,帝室技芸員,帝国美術院会員,帝国芸術院会員。 24年フランスのレジオン・ドヌール勲章,31年ハンガリー最高美術賞,ドイツのゲーテ名誉賞,37年第1回文化勲章を受けた。終始官展にとどまり在野の横山大観と画壇の双璧をなし,門下から西山翠嶂,上村松園,土田麦僊,小野竹喬,徳岡神泉をはじめ京都画壇の大半を送り出した。著書に『栖鳳閑話』 (1936) がある。主要作品『和蘭春光・伊太利秋色』 (02) ,『雨霽 (うせい) 』 (07,東京国立近代美術館) ,『飼われたる猿と兎』 (08,同) ,『斑猫』 (24,山種美術館,重文) ,『宿鴨宿鴉』 (26,東京国立近代美術館) ,『蹴合 (けあい) 』 (29,大倉文化財団) ,『おぼろ月』 (28) ,『潮来 (いたこ) 小暑』 (30,山種美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹内栖鳳
たけうちせいほう
(1864―1942)

日本画家。京都に生まれる。土田英林(えいりん)に学び、1881年(明治14)から四条派の幸野楳嶺(こうのばいれい)に師事して棲鳳(せいほう)と号する。翌年、第1回内国絵画共進会に『雁(がん)に双鶴(そうかく)』『瀑布(ばくふ)』が入選。84年には第2回内国絵画共進会に『山水』『花鳥』を出品して褒状を受け、以後、四条派の手法に古画風を交えた作品によって多くの共進会や内外の博覧会での受賞を重ねた。この間、83年から京都府画学校出仕、95年には京都市美術工芸学校教諭となる。1900年(明治33)から翌年にかけて渡欧。帰国後は号を栖鳳と改め、ターナーやコローの手法を摂取消化して清新な画風を開いた。07年に第1回文展の審査員となり、以後18年(大正7)まで歴任して、『アレ夕立に』『絵になる最初(はじめ)』などの代表作を出品している。13年に帝室技芸員、19年に帝国美術院会員となり、また09年から24年まで京都市立絵画専門学校教授を務めた。37年(昭和12)に第1回文化勲章を受ける。そのほかの代表作に『雨霽(うせい)』『斑猫(はんびょう)』などがあり、門下からは上村松園(うえむらしょうえん)、西村五雲、西山翠嶂(すいしょう)、土田麦僊(ばくせん)、小野竹喬(ちくきょう)、徳岡神泉(しんせん)らが輩出している。[二階堂充]
『竹内逸解説『現代日本美術全集13 竹内栖鳳他』(1973・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竹内栖鳳の関連キーワード山崎豊(3)平岡権八郎小寺 雲洞立石輝石池田遙邨北上聖牛谷口香嶠平井楳仙広田百豊高倉観崖柴原希祥飛田周山都路華香野沢如洋伊藤小坡大谷句仏西村五雲小寺雲洞金島桂華幸野西湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹内栖鳳の関連情報