大作(読み)おおづくり

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐づくり おほ‥【大作】

〘名〙
① 多くの土地を耕作すること。
※史記抄(1477)一六「千余頃(けい)を受て作らば、いかめい大作りぞ」
② 刺身などを厚目に大きくつくること。また、その刺身。
※歌舞伎・梅雨小袖昔八丈(髪結新三)(1873)二幕「昨夜ちっと呑み過ぎたから、大作りで一杯やる気さ」
③ 体型や目鼻立ちが目立って大きいこと。大柄(おおがら)。⇔小作り
④ 菊花の作り方の一種。一木(いちぼく)から数百輪を咲かせるもの。〔東京年中行事(1911)〕

たい‐さく【大作】

〘名〙 大規模な作品。大きな制作。また、すぐれた立派な作品。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉六「雄大卓落たる技倆を揮灑し、絶代の大作曠世の傑品を新創せんとするか」 〔易経‐益卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐さく【大作】

規模の大きい作品。また、すぐれた作品。傑作。「大作にとりくむ」「話題の大作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android