大作(読み)タイサク

デジタル大辞泉の解説

たい‐さく【大作】

規模の大きい作品。また、すぐれた作品。傑作。「大作にとりくむ」「話題の大作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいさく【大作】

大規模な作品。大きな作品。
すぐれた作品。傑作。 「 -を物する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐づくり おほ‥【大作】

〘名〙
① 多くの土地を耕作すること。
※史記抄(1477)一六「千余頃(けい)を受て作らば、いかめい大作りぞ」
② 刺身などを厚目に大きくつくること。また、その刺身。
※歌舞伎・梅雨小袖昔八丈(髪結新三)(1873)二幕「昨夜ちっと呑み過ぎたから、大作りで一杯やる気さ」
③ 体型や目鼻立ちが目立って大きいこと。大柄(おおがら)。⇔小作り
④ 菊花の作り方の一種。一木(いちぼく)から数百輪を咲かせるもの。〔東京年中行事(1911)〕

たい‐さく【大作】

〘名〙 大規模な作品。大きな制作。また、すぐれた立派な作品。
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉六「雄大卓落たる技倆を揮灑し、絶代の大作曠世の傑品を新創せんとするか」 〔易経‐益卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大作の関連情報