コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無鑑査 ムカンサ

デジタル大辞泉の解説

む‐かんさ【無鑑査】

鑑査が不要なこと。特に美術展覧会で、過去の入選実績などにより、鑑査なしで出品できること。また、その資格。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかんさ【無鑑査】

美術展覧会への出品に際し、過去の入選の実績によって鑑査を受ける必要がないと認められること。また、その資格。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無鑑査の関連キーワード高橋英吉(2)大久保百合子長谷川 塊記横江 嘉純前田 荻邨北村 正信大沢鉦一郎大森 光彦石川 確治高木保之助橋本八百二生田花朝女国枝金三水上泰生木下 春伊藤小坡高橋周桑永田春水穴山勝堂工藤敬三

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android