三次元座標測定器(読み)さんじげんざひょうそくていき(英語表記)three coordinate measuring machine

世界大百科事典 第2版の解説

さんじげんざひょうそくていき【三次元座標測定器 three coordinate measuring machine】

三次元座標測定器は,互いに直角に配置されたx,yおよびzの測定軸をもち,z軸下端に取り付けられたプローブによって測定点を検出し,測定軸上のスケールによって,測定点の三次元直交座標値を読み取り,品物寸法形状を求める測定器である。なかには回転テーブル,または回転センター支持台など円柱座標系,あるいは多関節機構による極座標系を用いたものもある。スケールにはディジタルエンコーダーシステムを用い,座標をディジタル表示している測定器がふつうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android