コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三次元座標測定器 さんじげんざひょうそくていきthree coordinate measuring machine

世界大百科事典 第2版の解説

さんじげんざひょうそくていき【三次元座標測定器 three coordinate measuring machine】

三次元座標測定器は,互いに直角に配置されたx,yおよびzの測定軸をもち,z軸下端に取り付けられたプローブによって測定点を検出し,測定軸上のスケールによって,測定点の三次元直交座標値を読み取り,品物の寸法,形状を求める測定器である。なかには回転テーブル,または回転センター支持台など円柱座標系,あるいは多関節機構による極座標系を用いたものもある。スケールにはディジタルエンコーダーシステムを用い,座標をディジタル表示している測定器がふつうである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android