コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三鈷鈴 サンコレイ

デジタル大辞泉の解説

さんこ‐れい【三×鈷鈴】

密教の法具で、取っ手の端が三つまたに分かれている

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんこれい【三鈷鈴】

密教の修法で用いる、取っ手が三鈷の形をした鈴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三鈷鈴の言及

【鈴】より

…これとは別に,古墳時代になってレイが伝わり,馬鐸と呼ばれるが,これも中国ふうにいえば〈馬鈴〉である。平安時代初期に,空海ら入唐八家がもたらした密教法具のレイは金剛鈴と総称され,把手の形によって独鈷鈴(どつこれい),三鈷鈴,五鈷鈴,九鈷鈴,宝珠鈴,塔鈴などがあり,また身の部分の装飾によって,三昧耶鈴(さまやれい),種字(梵字)鈴などがある。 スズは,余韻がない,という音の性質から,ほとんどの場合,人間や動物の動きに伴う用い方がなされる。…

※「三鈷鈴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三鈷鈴の関連キーワード降三世明王密教三鈷修法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android