密教(読み)みっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密教
みっきょう

秘密教の略称。タントラ教と関係の深い真言乗 Mantra-yāna,金剛乗 Vajrayānaの教説で,7世紀頃からインドのベンガル地方で盛んになった仏教をいう。今日では一般に,ヒンドゥー教におけるタントラ教と区別して,中国で発展した天台宗真言宗の,法身大日如来の身,口,意の3密を説く教理を密教といい,それらは純正なものであるとして純密などともいう。根本の仏陀を大日如来 Mahā-vairocana (大毘盧遮那仏) と呼び,密教は大日如来の所説であると主張する。諸仏諸尊ばかりでなく,従来の仏教では説かなかった多数の明王,仏教外の諸神,諸聖者もまた大日如来の現れであると解し,多くの民間信仰を摂取し,その趣意を直観的に表示するために,大曼荼羅を構成する。『大日経』の説く曼荼羅を胎蔵界曼荼羅,『金剛頂経』の説く曼荼羅を金剛界曼荼羅と称する。衆生は本来仏性を具有しているから,曼荼羅の諸尊を念じ,陀羅尼を誦し,印契 (いんげい) などによる特別な儀式にあずかることによって容易に究竟の境地に達し,仏陀となることができるという即身成仏を説く。現世肯定的で情念を無視しない生の哲学である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みっ‐きょう〔‐ケウ〕【密教】

大日如来を本尊とする深遠秘密の教え。加持(かじ)祈祷(きとう)を重んじる。7、8世紀ごろインドで起こり、唐代に中国に伝わり、日本には平安初期に空海最澄によって伝えられ、貴族などに広く信仰された。空海の真言宗系を東密、最澄の天台宗系を台密とよぶ。⇔顕教(けんぎょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

密教【みっきょう】

仏教の流派の一つで,顕教(けんぎょう)に対する。秘密に説かれた深遠な教えの意で,秘密教,真言密教などとも。7世紀後半,インドで成立した《大日経》《金剛頂経》によって興り,8世紀に善無畏(ぜんむい)〔637-735〕,金剛智〔671-741〕,不空〔705-774〕によって中国に伝えられた。それが空海によって日本に伝えられ,真言宗として独立の一宗派を形成し,天台宗の密教(台密)に対し,東密と呼ばれた。インドの密教が13世紀に,中国の密教が9世紀に衰退したので,日本に純粋な形で残ることとなった。一方,パドマサンババによって,8世紀にチベットに伝えられた密教はラマ教の根幹となった。密教の教義は大日如来を本仏とし,他の諸仏・諸菩薩(ぼさつ)はすべて大日如来に包容されて,大日如来の徳を顕現すると説き,その図示が曼荼羅(まんだら)である。《大日経》《金剛頂経》に説くところを修し,心に仏を観じ,口に陀羅尼(だらに)を唱え,手に印契(いんげい)を結べば,仏・菩薩と感応し,即身成仏すると説く。→密教美術
→関連項目阿吽阿字観阿闍梨加持儀軌熊野信仰護摩金剛界神秘主義胎蔵界鎮護国家天台宗東密忍術火祭仏教平安仏教別尊雑記瞑想系身体技法両界曼荼羅

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みっきょう【密教】

仏教の流れの一つで,顕教,すなわち広く民衆に向かって開かれ,その世界観を明瞭な言葉で説く通常の仏教に対し,自己を非公開的な教団の内に閉鎖し,秘密の教義と儀礼を師資相承によって伝持しようとする秘密仏教をいい,象徴主義的儀礼ないし観修法によって宗教理想を達成しようとする点に特徴をもつ。その起源はあるいは仏教以前のベーダの宗教,ことにブラーフマナの祭式神秘主義に求められ,さらにその根底には世界の女性原理的実在性ないしその多様な発現に対する根源的信頼が看取される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みっきょう【密教】

大日如来が自らの悟りのなかで、自らの悟りを楽しみながら説く、奥深い絶対の真理の教え。「大日経」「金剛頂経」などがその代表的経典。仏教の中で特に祈禱を重視し、そのための呪文や儀式を整備している。日本には空海が伝えた真言宗系の東密と、最澄が伝えた天台宗系の台密がある。 ⇔ 顕教けんぎよう真言宗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

密教
みっきょう

仏教の一流派。顕教(けんぎょう)に対しての呼称で、秘密仏教、真言(しんごん)密教ともいう。[勝又俊教]

沿革

インド大乗仏教の末期(7世紀後半)ににわかに興起した一流派で、大乗仏教の『般若(はんにゃ)経』や『華厳(けごん)経』の思想や中観(ちゅうがん)派、瑜伽行(ゆがぎょう)派などの思想を基盤とし、さらにヒンドゥー教の影響を受けて成立したものであり、この密教の独立は『大日(だいにち)経』や『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』の成立によると考えられる。
 しかし、それより以前にも多くの密教系の経典が成立しており、さらに密教の萌芽(ほうが)は遠くベーダ時代にさかのぼるとみられる。すなわち、ベーダ時代にマントラmantra(真言)を誦(ず)して攘災(じょうさい)招福を祈ることが行われ、その後マントラを神聖視する思想も現れている。原始仏教教団では、治病、延命、招福など世俗の呪術(じゅじゅつ)や密法を厳禁したが、その後にはこれらの呪術や密法を認める傾向が現れ、大乗仏教時代には、大乗経典のなかに陀羅尼(だらに)(ダーラニーdhran)、明呪(みょうじゅ)(ビディヤーVidy)が説かれるようになり、また独立の密呪経典も成立した。それらの密呪経典には供養法、結界作壇(さだん)法、護摩法や印契(いんげい)、陀羅尼、曼荼羅(まんだら)なども説かれるようになったが、それらは仏教の本流ではないので、それらを雑部密教(雑密(ぞうみつ))という。その後、650~700年ごろに『大日経』と『金剛頂経』が成立し、密教的実践による速疾成仏(そくしつじょうぶつ)(即身(そくしん)成仏)を強調したので、これを純粋密教(純密)といい、これをもって密教の独立とする。従来の伝説では、真言密教は、大日如来(にょらい)が自ら悟った秘密の法を金剛薩(こんごうさった)に授け、それからさらに龍猛(りゅうみょう)、龍智(りゅうち)へと伝えられたと説くが、歴史的には明確でない。インド密教はその後、真言乗や金剛乗などといわれ、数世紀の間発展したが、しだいに本来の性格を失って、ヒンドゥー教のシャークタ派(性力派)などの説を取り入れた左道(さどう)密教、いわゆるタントラ仏教となり、13世紀初めイスラム教徒の侵入とともに衰滅した。
 中国には、陀羅尼や呪術的要素を内包した密教的経典が、東晋(とうしん)代の帛尸梨密多羅(はくしりみったら)や曇無蘭(どんむらん)などによって訳され、その後、南北朝、隋(ずい)、初唐まで断続的に中国に伝えられていた。しかし本格的な密教の導入は、8世紀初めからなかばごろにかけてである。唐代に善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)が順次に来唐し、善無畏が『大日経』を、金剛智が『金剛頂経』を翻訳して中国に組織的な密教経典が備わった。さらに不空はセイロン(スリランカ)に渡って密教を学び、帰国して80余部の密教経典をはじめ数多くの経典を訳して密教を大成、唐代の玄宗、粛宗、代宗の厚い信任を受けた。不空の弟子のうち恵果(けいか)は真言密教の秘奥を究め、晩年、日本から入唐(にっとう)した空海にその正系を伝えた。中国の密教は唐朝の権力を背景に急速に発展したが、唐末しだいに衰微した。
 日本には、奈良時代に密教経典が伝えられ、密教の修法、陀羅尼誦持(だらにじゅじ)、密教像の信仰など行われていたが、平安時代の初めに弘法大師(こうぼうだいし)空海によって唐代の純粋密教が伝えられ、さらに空海によって再組織され、日本化されて日本仏教の一宗としての真言宗が開かれた。また、伝教(でんぎょう)大師最澄(さいちょう)、慈覚(じかく)大師円仁(えんにん)、智証(ちしょう)大師円珍(えんちん)ら天台宗の人々によって伝えられた密教は、天台と密教との一致を強調する特異の密教を成立せしめた。そこで、真言宗の密教を東密(とうみつ)(東寺の密教)というのに対して、天台宗の密教を台密(たいみつ)という。そして、空海は顕密二教の教判をたて、あるいは十住心の教判をたてて、密教の特質を明らかにした。
 他方、インド密教は8世紀末にパドマサンババによりチベットに伝えられ、この密教はやがて民族宗教のボン教と習合してチベット仏教(ラマ教)となった。その後、1042年にアティーシャがチベットに入り、チベット仏教を改革、チベット仏教は蒙古(もうこ)(モンゴル)、中国東北地方に広められた。[勝又俊教]

特色

日本の密教を中心としてその著しい特色をあげてみる。(1)仏陀(ぶっだ)観としては、大日如来(摩訶毘盧遮那(まかびるしゃな)如来)を本仏とし、多くの仏、菩薩(ぼさつ)、明王、天などをすべて大日如来の化現したものとみる汎(はん)神論的、統一的仏陀観を構成し、これを直観的に表示する方法として諸仏の集会を図式に表した。これを曼荼羅(マンダラmaala)という。この曼荼羅には金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅とがあり、これをあわせて両界曼荼羅という。このほかに、仏、菩薩、明王などの一尊とその眷属(けんぞく)を表示したものを別尊曼荼羅という。また大日如来を普門総徳の本尊とし、仏、菩薩、明王などを一門別徳の本尊とし、いずれの一尊を拝んでも結局大日如来の信仰に統一されると考える。これを一門即普門という。(2)これら諸尊を信仰するときに、真言、陀羅尼を唱える。真言(マントラmantra)は真実のことばの意味であり、諸尊を賛嘆し、あるいは諸尊に帰依(きえ)する秘密語であり、明呪ともいう。陀羅尼は総持と訳され、特定の文句によって宗教上の深い意味を憶念し、心を統一する意味であるが、のちには真言と同様に用いられ、真言陀羅尼という。この真言陀羅尼を誦持すれば、不思議な力が得られ、煩悩(ぼんのう)を滅除することができると信じられた。密教を真言密教といい、真言陀羅尼宗といい、真言宗というのは、真言、陀羅尼を重視するからである。(3)また諸尊を信仰するとき、印契(いんげい)(ムドラーmudr)を結ぶことになっている。印契(印相)とは仏、菩薩、明王などの内証、本誓を象徴的に手指の結び方で示す方法である。(4)また密教では諸尊の供養法や護摩(ごま)法、灌頂(かんじょう)の儀式などが行われ、それらを規定した多くの儀軌(ぎき)がある。(5)人にはそれぞれ本有本覚(ほんうほんがく)の浄菩提心(じょうぼだいしん)があると信じ、菩提心をおこし、三昧耶(さんまいや)戒という密教特有の戒を保ち、十善戒を実践すべきことを説く。(6)即身成仏(速疾成仏)を強調し、三摩地(さんまじ)(サマーディsamdhi)の行によって即身成仏しうると説くが、これには五相成身観、阿字(あじ)観、月輪(がちりん)観や三密の妙行などいろいろな修行の方法が示されている。
 このように密教は大乗仏教の正統な思想を受け継ぎながら、また独自の宗教形態を打ち出している。これを要約すれば、密教は教相(きょうそう)(教理)と事相(じそう)(実践)の両面をもち、この教相と事相は車の両輪、鳥の双翼のごとくであるといわれ、この両面の調和のうえに示された宗教体験を尊重し、宗教的に固定化、理論化した大乗仏教にかわって、新しい実践的、信仰的仏教として成立し発展したものである。いま、そのもっとも基本的な信仰の形態をみるに、空海は『即身成仏義』のなかで、密教の信仰をもつものはだれでも、口に真言を唱え、手に印契を結び、心を仏の三摩地(悟りの境地)に置けば、おのずから仏の身口意(しんくい)の三密と修行者の身口意の三密とが加持感応するから、この身このままに仏になることができ、また世間の現世利益(げんぜりやく)的な願いをかなえることもできると説いている。
 また密教は独自の密教美術を発展させた。インド、中国においては遺跡・遺品もなく、不明であるが、日本においては多くの遺品を残している。[勝又俊教]
『松長有慶著『密教の歴史』(1969・平楽寺書店) ▽金岡秀友著『密教の哲学』(1969・平楽寺書店) ▽勝又俊教著『密教の日本的展開』(1970・春秋社) ▽『講座密教1~12』(1974~77・平河出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みっ‐きょう ‥ケウ【密教】

〘名〙 仏語。
① 大日如来を本尊とする真言秘密の教え。一般には、その教えが大菩薩でさえも知り尽くすことのできない深遠秘奥なものであるとして、密教という。大乗仏教の思想を基盤とし、さらにヒンドゥー教の影響をも受けて成立した。金胎両部の「大日経」「金剛頂経」などがその代表聖典。日本へは平安初期に最澄・空海によって中国から伝えられた。最澄の法系を台密、空海の法系を東密という。また、台密では一乗に対する三乗を顕教といい、東密では釈迦の説いた教えを顕教というのに対していう。
※秘蔵宝鑰(830頃)中「第四〈略〉密教者自性法身大毗盧遮那如来与自眷属自受法楽故所説法是也。所謂真言乗者是也」
② 法華経以前の諸大乗経をいう。〔大乗三論大義鈔‐二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の密教の言及

【真言】より

…密教において,もろもろの仏・菩薩あるいは諸天に呼びかけて祈請し,あるいは儀式に効力を賦与するために唱える呪文。サンスクリットではマントラmantra。…

【神秘主義】より

…2人に代表されるような立場は,〈梵我一如〉すなわち,世界万有を根本から統一する原理であるブラフマンが個我の内面的本質であるアートマンと別でないという自覚として長くインド精神史を貫いている。ウパニシャッド(2)仏教 仏教がとったさまざまな歴史的形態の内でもっとも典型的に神秘的合一の立場を示しているのは密教である。密教行法の基本は,本尊を迎えてこれと身口意の三密において合一する三密瑜伽(さんみつゆが)である。…

【陀羅尼】より

…陀羅尼は仏教経典に多くふくまれ,旧訳経典では呪と訳している。密教経典はこの陀羅尼から成っているので一般人にわかりにくいため,秘密教とよばれる。インドにおいてすでにそうだったから,そのインドの発音を漢字で音写して日本に伝わった密教経典が,日本人にわかりにくいのは当然である。…

【パーラ・セーナ朝美術】より

…インドの他の地方では衰退した仏教もこの地方ではパーラ朝の諸王の保護をうけて最後の繁栄をみた。大乗仏教が民間信仰を取り入れて密教(金剛乗)として新しい展開を遂げたのもこの時代である。ボードガヤーサールナートナーランダーなどの伽藍は増改築され,オーダンタプリーOdantapurī(古名ウッダンダプラ),ビクラマシラーVikramaśilā,パハールプル(古名ソーマプラ)などの伽藍が新しく造営された。…

【仏教】より

…仏の本質は法そのもので(法身),諸仏はその具体的顕現である(色身)。一方,修行の目標としての悟りを,絶対者たる法との合一に求めるのは,バラモン正統派のベーダーンタ学派が主張する〈梵我一如〉とも共通する神秘主義であるが,ことにこれは後期に発達した密教において著しい。 仏教はインド外の諸地域に発展するにつれて,それぞれの地域,民族の信仰や儀礼などと習合し,それらを仏道の方便と認めたため,かなり大きく変質した。…

※「密教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密教の関連情報