コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上げ鞠 アゲマリ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐まり【上げ×鞠】

蹴鞠(けまり)で、けり始めの作法。懸かりの木や人に当たらないように、人の目の高さほどにけり上げる。貴人や名人が務めた。
「御門(みかど)も御鞠に立たせ給へり。二条関白良実―し給ひき」〈増鏡・おりゐる雲〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あげまり【上げ鞠】

蹴鞠けまりで、最初に鞠を蹴上げること。高からず低からず、掛かりの木や人に当たらないように蹴らなければならない。貴人か名人がつとめた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android