コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上げ鞠 アゲマリ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐まり【上げ×鞠】

蹴鞠(けまり)で、けり始めの作法。懸かりの木や人に当たらないように、人の目の高さほどにけり上げる。貴人や名人が務めた。
「御門(みかど)も御鞠に立たせ給へり。二条関白良実―し給ひき」〈増鏡・おりゐる雲〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あげまり【上げ鞠】

蹴鞠けまりで、最初に鞠を蹴上げること。高からず低からず、掛かりの木や人に当たらないように蹴らなければならない。貴人か名人がつとめた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android