コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(か)り/懸(か)り カカリ

デジタル大辞泉の解説

かかり【掛(か)り/懸(か)り】

掛かること。ひっかかること。「エンジンの―が遅い」
(掛かり)物事をするのに必要な費用。入費。「―がかさむ」
(掛かり)囲碁で、隅に打った相手の石のしまりを妨げること。「―を打つ」→締(しま)り8
釣り針の、魚の外れるのを防ぐためにつける先端部の突起。針先の返しの部分。もどり。あぐ。
女の髪の垂れかかったようす。下がりぐあい。
「御髪(みぐし)の―、はらはらと清らにて」〈・若菜下〉
蹴鞠(けまり)をする場所。また、その場所の四隅に植えた樹木。普通は北東に桜、南東に柳、北西に松、南西にカエデを植える。
「まりを好みてのち、―の下に立つ事七千日」〈著聞集・一一〉
建物のつくり方。構え。つくり。
「此の大門の―などは、誠に今迄の寺々とは格別なものでござる」〈虎寛狂・鐘の音
趣。風情。
「枝を矯(た)め葉を透かして、―あれと植ゑ置きし」〈謡・鉢木

がかり【掛(か)り】

[接尾]
名詞に付く。
㋐その物事に似たようすである意を表す。「芝居掛かり
㋑そのものに依存する意を表す。「親掛かりの身」
日数・人数などを表す言葉に付いて、それだけの時間・人手を要する意を表す。「10年掛かり」「5人掛かり
動詞連用形に付く。
㋐その事のついでにの意を表す。「通り掛かり
㋑…した勢いの意を表す。「行き掛かり上、そうなってしまった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(か)り/懸(か)りの関連キーワードロールシャッハ・インクブロットテスト三遊亭円生(1世)ロベール・ウーダン風流(ふりゅう)グローテフェントリッツの結合原理エンポリオン売上計算書ウミタナゴ川中島合戦三遊亭円生相同染色体松方正義移行学習人工登攀松本謙三古代社会迷路学習喜多流井上馨

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android