名人(読み)メイジン

デジタル大辞泉の解説

めい‐じん【名人】

技芸にすぐれている人。また、その分野で評判の高い人。
江戸時代、囲碁・将棋で九段の技量を持つ最高位者に与えられた称。現在は、それぞれタイトルの名称。名人戦勝者がタイトルを手にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいじん【名人】

技芸にすぐれた人。その分野で、ひいでた人。 「彫刻の-」 「木登りの-」
将棋・囲碁で時の最高段位(九段)者に江戸幕府が与えた称号。現在はそれぞれタイトルの名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐じん【名人】

〘名〙
① 一芸一道をきわめた人。技芸にすぐれて名を知られた人。評判の高い人。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※吾妻鏡‐文治二年(1186)四月八日「彼既天下名仁也。適参向」 〔韓愈‐柳子厚墓誌銘〕
江戸時代囲碁または将棋の最高位者に与えられた称号。段位は九段であった。現在は選手権の一つとなっているが、囲碁・将棋とも選手権保持者は最高の地位に位されている。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「をかし、男有けり。名人の碁打へ石直されに行きけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名人の関連情報