名人(読み)めいじん

精選版 日本国語大辞典「名人」の解説

めい‐じん【名人】

〘名〙
① 一芸一道をきわめた人。技芸にすぐれて名を知られた人。評判の高い人。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※吾妻鏡‐文治二年(1186)四月八日「彼既天下名仁也。適参向」 〔韓愈‐柳子厚墓誌銘〕
② 江戸時代、囲碁または将棋の最高位者に与えられた称号。段位は九段であった。現在は選手権の一つとなっているが、囲碁・将棋とも選手権保持者は最高の地位に位されている。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「をかし、男有けり。名人の碁打へ石直されに行きけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「名人」の解説

めい‐じん【名人】

技芸にすぐれている人。また、その分野で評判の高い人。
江戸時代、囲碁・将棋で九段の技量を持つ最高位者に与えられた称。現在は、それぞれタイトルの名称。名人戦の勝者がタイトルを手にする。
[類語](1達人名手妙手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー巧手腕利き腕扱き腕達者手足れ手利き有能敏腕辣腕得手特技専売特許上手得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物達者堪能巧者得手物器用多才うまたく巧妙潰しが利くくする腕が立つ怪腕凄腕腕達者プロ専門家スペシャリスト玄人くろうと本職ゼネラリストセミプロプロフェッショナルたくみ仕事師遣り手敏腕素人しろうと離れ玄人くろうとはだし神業かみわざベテランソムリエスキルドワーカーマイスタープロパー/(2棋士碁打ち将棋指し棋聖本因坊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「名人」の解説

【名人】めいじん

名徳の人。〔呂覧、勧学人は學に疾(おもむ)くに生ず。學に疾かずして能く魁士(くわいし)名人と爲るは、未だ之れ嘗(かつ)てらざるなり。

字通「名」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android