上方端歌(読み)かみがたはうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上方端歌
かみがたはうた

日本音楽の分類用語。上方すなわち関西で成立し伝承された端歌をいう。 (1) 地歌のなかの「端歌物」をいう場合と,(2) 流行三味線歌曲で,伝承組織をもたない端歌をいう場合との2種あって,両者を総称する場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android