コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地歌 じうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地歌
じうた

江戸時代初期以来京都,大坂,名古屋を中心として,おもに関西で行われ,盲人の職業的演奏家,作曲家が伝承してきた三味線歌曲。地唄と書くのは,江戸における表記法。現在,主奏楽器は「三弦」と称する長唄三味線よりやや太めの棹の,鳩胸の角張った三味線に鉛駒を掛けて用い,「津山撥」と称する先端が急に薄くなった,やや大型の撥で演奏する。箏および胡弓または尺八または横笛を合奏させる演奏形式もある。曲目は,「三味線本手 (組歌) 」「長歌」「端歌」「浄瑠璃物」「作物 (さくもの) 」「手事物」などに分類され,なかでもその「手事物」は文化 (1804~18) 頃から替手式の箏の手が作曲されるにいたって,本来同じ演奏者によっていた箏曲との関係が一層不可分となった。また,上方舞の舞地 (伴奏) として用いられることも多く,その場合には地歌舞と呼ばれる。地歌という呼称の明治以前の用例としては,『守貞漫考』の例が最古であるが,公式には 1875年の「地歌業仲間」の結成のときの呼称が最初。上方唄や法師唄などの呼称は外部からのもので,上方では単に音曲,歌曲,弦曲,弦歌などともいい,場合によっては琴曲といって箏を伴奏にした三弦歌曲の意で用いることもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐うた〔ヂ‐〕【地歌/地唄】

ある地方だけで歌われている俗謡。土地の歌。
三味線声曲の一種。江戸初期に発生。上方(かみがた)を中心に、盲人音楽家によって伝承され、生田流箏曲(そうきょく)と結びついて、家庭音楽としても普及した。上方歌。法師歌京歌

じ‐うた〔ヂ‐〕【地歌】

和歌の百首などで、趣向をこらすことなく軽く詠んだ歌。平凡な歌で秀歌を際立たせる働きがあるところからいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地歌【じうた】

邦楽の種目名。江戸時代以来,盲人音楽家を中心におもに関西で座敷音楽・家庭音楽として伝承されてきた三味線音楽。江戸に対し,上方を地と呼んだためこの名がある。三味線伴奏による芸術的歌曲の最古典は〈三味線組歌〉である。
→関連項目荻江節上方舞組歌独吟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じうた【地歌】

三味線音楽の一種。かつては盲人音楽家を伝承・教習の専業者とし,箏曲とも関連しつつ,おもに京都,大坂を中心に発展してきたもので,室内音楽として最も普及した芸術音楽。上方の舞の地(伴奏)に用いられる楽曲もある。古くは盲人の扱った三味線音楽を総称して〈弦(絃)曲〉ともいい,語り物の〈浄瑠璃〉に対して,単に〈歌(うた)〉とも〈歌曲〉ともいったが,江戸ではこれを〈上方歌(唄)〉ともいい,また,専業者の関係から〈法師歌〉ということもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じうた【地歌】

和歌で、平凡な歌。平安中期以後、百首などの定数歌を詠む場合、所々に秀歌をちりばめるのがよいとされたが、その「地」となる目立たぬ歌をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地歌
じうた

三味線音楽の一種目。地唄(じうた)とも書く。16世紀末には京坂の地で成立しており、その後、当道職屋敷制度に属する検校(けんぎょう)、勾当(こうとう)らの盲人職業音楽家によって、日本音楽の一大ジャンルに発展した。近年になるまでは、もっぱら家庭内や座敷で演奏され、江戸では上方唄(かみがたうた)とも称した。本来は三絃(さんげん)(地歌における三味線の呼称)を伴って歌う音楽であったが、これら音楽家は箏(こと)や胡弓(こきゅう)もあわせ弾くところから、やがてそれらの楽器との合奏も行われるようになった。とくに手事物(てごともの)の曲では、明治以後、三絃・箏・尺八の三曲合奏で演奏されるのが一般化した。その一方では、本来の地歌以外の芝居歌や浄瑠璃(じょうるり)などを吸収して、豊富な曲種をもつに至った。なお、地唄舞と称する、地歌を地(伴奏音楽)として舞う舞踊がある。普通は端歌(はうた)物を演奏するが、ときに手事部分を短縮した手事物を用いることもある。[井野辺潔]

曲種と歴史

最古の曲種は、16世紀末から17世紀初めにかけて石村(いしむら)・虎沢(とらざわ)検校によってつくられた「三味線組歌」の本手組(ほんでぐみ)(表(おもて)組)である。これには『琉球(りゅうきゅう)組』など7曲がある。その後、虎沢・柳川(やながわ)検校らにより破手(はで)組ができた。現在、表・破手・裏組・中許(なかゆるし)・大許(奥組)に分類され、柳川流では数曲が、野川流では全32曲が伝えられている。標準的な形は、互いに一貫性のない当時の流行(はやり)唄や躍(おどり)歌など6、7首の短い歌を組み合わせたもので、緩から急へテンポが移ってゆく。間投詞を挿入したり、表組では双撥(もろばち)の音型を反覆して弾いたりするなどの特徴がある。
 こうした組歌に対して、一貫した内容の一つの歌である「長歌物」が出現する。佐山・浅利・市川・小野川・生田(いくた)・野川・継橋(つぐはし)・歌木・藤林・藤永検校、朝妻勾当らにより作曲された。これらのうちには、曲中に長い合の手をもつものがあり、手事物に分類されることもある。相前後して、京坂の歌舞伎(かぶき)の舞台で歌われた曲が地歌に摂取され、伝えられているものもある。これらの「芝居歌」は岸野次郎三(きしのじろさ)、湖出(こいで)金四郎、山本喜市ら、主として晴眼者の手になった。また、一部は芝居歌とも重複するが、能を題材とした「謡い物」の曲が岸野次郎三、藤尾勾当らによってつくられた。その一方、歌木・玉岡検校、鶴山(つるやま)・峰崎勾当らは、短いが感性豊かで芸術性に富む「端歌物」を生み出した。峰崎の『雪』をはじめ地歌の代表的名曲が少なくない。なお、芝居歌や謡物を含めて、広義の端歌物とする場合もある。
 さらには長歌などの合の手を長大化し、前後に歌の部分をもつ、すなわち前歌(まえうた)―手事―後歌(あとうた)の楽曲形式で構成する「手事物」が盛んとなる。大坂の峰崎・三ッ橋勾当ら、京都の松浦・菊岡・光崎(みつざき)検校、石川勾当らは、名曲の数々を作曲した。なかでも文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)以降の、京都で生まれた一連の優美な曲は、京流手事物とよばれ、今日まで盛んに演奏されてきた。これらのうちには、前弾(まえびき)―前歌―手事―中歌―手事―後歌というふうに、手事が2回、3回と現れる大規模な曲も出現した。手事自体もツナギやマクラで始まり、手事のあとチラシがつく複雑な形式をとったりする。そして、たいていは箏の手が付けられて合奏するのが普通となった。八重崎(やえざき)検校を筆頭に、市浦・河原崎検校らは、箏の手付けで後世に名前を残した。
 地歌のなかには、浄瑠璃のいくつかが吸収されているが、これらは、今日では流派としては滅亡しているので貴重である。そうした「浄瑠璃物」としては永閑節(えいかんぶし)や、鶴山勾当らがその旋律を援用した繁太夫(しげたゆう)節、江戸半太夫の旋律を継承した曽我(そが)物を主とする半太夫(はんだゆう)節が代表的である。以上のほかに、滑稽(こっけい)な内容で、即興性の強い語物風の「作物(さくもの)」(おどけもの)もある。このように数多の曲種を生んで発展した地歌であったが、幕末ごろからは急速に創造力を低下させ、やがて伝承時代へ入っていった。[井野辺潔]

流派と演奏

柳川検校に始まる柳川流が京都で、野川検校に始まる野川流が大阪を中心に伝統を伝えている。さらに京都では、上(かみ)派、下(しも)派、伏見(ふしみ)派といった居住地による別があり、大阪でも北派、南派とか、菊筋、中筋、富筋、楯(たて)筋などで伝承を幾分異にしている。そのほか九州系も有力で、東京へは明治以後に、これら各系統が進出していった。
 地歌が成立した当初は、棹(さお)の細い三絃であったが、しだいに各地独自のものに分化していった。とくに大阪では、先端が薄くて大きく開いた撥(ばち)で弾き、台広(だいびろ)の駒(こま)を使用して、義太夫の三味線に近い音色が好まれた。一方、京都では現在も一部の演奏家の間で、ごく細い棹で、八ッ乳(ち)の皮を張り、小さな京撥で弾く、独特の音色をもつ京三味線(柳川三味線)が用いられている。しかし、近年は九州系の三絃がほぼ全国を制覇している。その結果、特色ある各地の個性的音色が失われることにもなった。
 なお、地歌の演奏家としては、1955年(昭和30)に生田流の富崎春昇(しゅんしょう)(1880―1958)が重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されたのを初めに、東京の初世富山清琴(せいきん)(現、清翁(せいおう)。1913― )と大阪の菊原初子(はつこ)(1899―2001)、生田流の藤井久仁江(1930―2006)がそれぞれ認定されている。[井野辺潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地歌の言及

【歌系図】より

地歌(じうた)の文献。天明期(1781‐89)までの地歌の曲名とその作詞者,作曲者名を記したもの。…

【当道】より

…さらに盲人の官位の昇進に莫大な官金を徴し,これをそれぞれ盲人を扶持していた大名家などが負担して収めたので,職屋敷およびその分配にあずかった取立検校らは,莫大な収入を得て,高利貸を営む者まで生じた。江戸時代には,平曲のみならず,地歌,箏曲などの音楽芸能も専業とするほか,三療(鍼,灸,按摩)に従事する者もあった。明治維新後,1871年(明治4)に当道組織は解散させられたが,とくに地歌演奏団体において名のみ遺存させて,それらの団体から私的に検校,勾当などの称号を発行することも行われている。…

【日本音楽】より

…前者の代表は義太夫節であり,後者の代表は常磐津節(ときわづぶし),清元節などである。歌のほうは,三味線組歌を最古の三味線芸術歌曲とし,これから京坂地方の三味線歌曲である地歌が発達した。また歌舞伎とともに発達した歌が,長唄である。…

※「地歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地歌の関連キーワード中島 絃教(5代目)津山検校(5代目)津山検校(4代目)八重崎検校(1)藤井 久仁江長谷 幸輝築山 登美米川 文子三つ橋勾当富崎 宗順小野 清友雪(邦楽)吉村 そめ富崎 春昇天笠 才寿富崎 美喜阿部 桂子川瀬 里子川村羽積天笠才寿

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地歌の関連情報