上白糖(読み)ジョウハクトウ

大辞林 第三版の解説

じょうはくとう【上白糖】

車糖くるまとうの一。結晶の細かい上質の白砂糖。精製度が高い。甘みが強く、しっとりとした感じのもの。上白。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上白糖の言及

【砂糖】より

…(2)中ざら糖 結晶の大きさは,白ざら糖とほとんど同じであるが,黄褐色をしている純度の高い砂糖であり,一種の風味をもち,煮物などに用いられる。(3)グラニュ糖 結晶が上白糖よりやや大きく,さらさらした感じの高純度の砂糖で,癖のない淡白な甘みをもつ。コーヒー,紅茶に最適で,菓子,料理用にも多く用いられている。…

※「上白糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上白糖の関連情報