甘味(読み)カンミ

デジタル大辞泉の解説

かん‐み【甘味】

あまい味。また、あまい食物。あまみ。「甘味を好む」
うまい味。また、おいしい食物。
物事の快い味わい。面白み。
「云難き―を含む誘惑の音楽」〈荷風あめりか物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんみ【甘味】

あまい味。また、あまみが主の食品。あまみ。 「人工-」
物事の面白さ。味わい。 「誦読の際自から-涌出するの思あらしむ/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あま‐み【甘味】

〘名〙 (「み」は程度、状態を表わす接尾語)
① 甘い味。甘いこと。また、その度合。あまさ。かんみ。
※俳諧・類題発句集(1774)秋「甘みなき薄に胡蝶あはれなり〈和及〉」
② 甘い味のもの。特に菓子。かんみ。
※落語・侍の素見(1896)〈四代目橘家円喬〉「ヲヲ向ふに見へるのは菓子屋だな、酒の跡で甘味と云ふ物も甘(うめ)へものだ」

かん‐み【甘味】

〘名〙
① あまい味。あまみ。うまい味。うまみ。また、その食べ物。〔文明本節用集(室町中)〕
※咄本・多和文庫本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「宵に食ふたる菜漬の味のかんみを忘れかねて」 〔晉書‐畢卓伝〕
② 物事の味わい。面白さ。うまみ。
※羅葡日辞書(1595)「Melliloquus〈略〉Canmi(カンミ)アル ヤウニ モノヲ ユウ ヒト」
③ 慰め。
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)一「ゼンノ ミチニ タチイリタラン ヒトワ ゴヲシエニコモル フカシギノ canmiuo(カンミヲ) ヲボユベシ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甘味の関連情報