甘味(読み)カンミ

デジタル大辞泉 「甘味」の意味・読み・例文・類語

かん‐み【甘味】

あまい味。また、あまい食物。あまみ。「甘味を好む」
うまい味。また、おいしい食物。
物事の快い味わい。面白み
「云難き―を含む誘惑の音楽」〈荷風あめりか物語
[類語]甘み甘口甘い甘ったるい甘美かんび甘露甘辛甘辛い甘酸っぱいスイート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「甘味」の意味・読み・例文・類語

かん‐み【甘味】

〘名〙
① あまい味。あまみ。うまい味。うまみ。また、その食べ物。〔文明本節用集(室町中)〕
※咄本・多和文庫本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「宵に食ふたる菜漬の味のかんみを忘れかねて」 〔晉書‐畢卓伝〕
② 物事の味わい。面白さ。うまみ。
※羅葡日辞書(1595)「Melliloquus〈略〉Canmi(カンミ)アル ヤウニ モノヲ ユウ ヒト」
③ 慰め。
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)一「ゼンノ ミチニ タチイリタラン ヒトワ ゴヲシエニコモル フカシギノ canmiuo(カンミヲ) ヲボユベシ」

あま‐み【甘味】

〘名〙 (「み」は程度状態を表わす接尾語)
① 甘い味。甘いこと。また、その度合。あまさ。かんみ。
※俳諧・類題発句集(1774)秋「甘みなき薄に胡蝶あはれなり〈和及〉」
② 甘い味のもの。特に菓子。かんみ。
※落語・侍の素見(1896)〈四代目橘家円喬〉「ヲヲ向ふに見へるのは菓子屋だな、酒の跡で甘味と云ふ物も甘(うめ)へものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「甘味」の読み・字形・画数・意味

【甘味】かんみ

美味。

字通「甘」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

栄養・生化学辞典 「甘味」の解説

甘味

 基本的五原味の一つ.甘い味.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android