コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上肢帯 ジョウシタイ

1件 の用語解説(上肢帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうし‐たい〔ジヤウシ‐〕【上肢帯】

腕および手を支える骨格。肩甲骨・鎖骨からなる。肩甲帯。肩帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上肢帯の言及

【肩帯】より

…脊椎動物の体の肩部にあって前方の有対肢(胸びれまたは前肢)の骨格や筋肉の土台となり,それらを胴に固定する働きをもつ骨格。ヒトでは上肢帯とよばれ,鎖骨と肩甲骨がこれにあたる。後方の有対肢(腹びれまたは後肢)に対しても類似の骨格があってこれを腰帯(ようたい)(骨盤のことでヒトでは下肢帯)とよび,肩帯と腰帯を合わせて一般に肢帯という。…

【手】より

…上肢と体幹との境界は,体表からいうと三角筋の起始をなす線(鎖骨―肩峰―肩甲棘(きよく))であるが,骨格から見ると肩甲骨と鎖骨は全部広義の上肢のうちに加えられる。この両骨を合わせて〈上肢帯(肩帯)〉といい,いわば上肢を体幹にぶらさげ,運動を円滑にするための仲立ちの部分である。この上肢帯より末梢の,体幹から伸び出した部分を自由上肢という。…

※「上肢帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上肢帯の関連キーワード肩甲骨肩帯上肢骨下肢帯肩甲骨々折 (fractures of the scapula)肩甲骨 (blade bone, scapula, [pl. scapulae])棘上窩 (supraspinous fossa)肩甲棘 (spine of scapula)肩甲切痕 (scapular notch, suprascapular notch)後緑 (caudal border)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上肢帯の関連情報