コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩帯 ケンタイ

4件 の用語解説(肩帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐たい【肩帯】

前足を支える骨格。上肢帯(じょうしたい)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんたい【肩帯 shoulder girdle】

脊椎動物の体の肩部にあって前方の有対肢(胸びれまたは前肢)の骨格や筋肉の土台となり,それらを胴に固定する働きをもつ骨格。ヒトでは上肢帯とよばれ,鎖骨と肩甲骨がこれにあたる。後方の有対肢(腹びれまたは後肢)に対しても類似の骨格があってこれを腰帯(ようたい)(骨盤のことでヒトでは下肢帯)とよび,肩帯と腰帯を合わせて一般に肢帯という。 軟骨魚類の肩帯は中軸の骨格とはつながらないU字形の骨格で,片側が烏口(うこう)軟骨・肩甲軟骨上肩甲軟骨という3部分から成り,前2者の接続部に胸びれが付着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんたい【肩帯】

脊椎動物の前肢の肢帯。上肢帯。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肩帯
けんたい

脊椎(せきつい)動物の有対肢のうち前肢の骨格の一部で、前肢帯ともいう。前肢の体外へ突出した部分である自由肢を脊柱に結合する役を果たし、体幹内にある。後肢の自由肢を脊柱に結ぶものを腰帯(ようたい)または後肢帯という。肩帯と腰帯をあわせて肢帯という。つまり、魚類を含め、対(つい)をなす付属肢(有対肢)は自由肢と肢帯に分けられる。
 肩帯と腰帯は基本的には同じ構造をもつが、構成する骨の名称が異なる。自由肢の関節部について、肩帯では、背側のものを肩甲骨、腹側の前方部を前烏喙(うかい)軟骨、後方部を烏喙骨(烏口(うこう)骨)という。前烏喙軟骨は鎖骨となり、肩甲骨と胸骨とをつなぐ。ただし硬骨魚類のうち全骨類と真骨類は鎖骨を欠く。腰帯では、背側を腸骨、腹側の前方部を恥骨(ちこつ)、後方部を坐骨(ざこつ)といい、両生類以上では全体としてひとかたまりの骨盤肢帯をつくる。
 肢帯は、魚類ではひれの運動を安定させ、陸生動物では体重が自由肢へかかるのを仲介する。魚類では内骨格性の肩帯を補強する皮骨性肩帯が発達していて、上鎖骨を介して頭蓋(とうがい)に結合している。しかし両生類では、上鎖骨の縮小により頭蓋との結合が消失し、頭は胴に対して自由に動けるようになった。上鎖骨は爬虫(はちゅう)類以上には存在しない。機能的には内骨格性の肩帯(いわゆる肩帯)が重要で、おもな体肢筋はすべてこれに付着する。陸生動物では、肢帯に付着する肢筋の量の増加に伴い肢帯が大きくなる。烏喙骨は、哺乳(ほにゅう)類様の爬虫類である盤竜類(化石)では小さかったが、哺乳類の祖先である獣弓類から哺乳類の単孔類、有袋類、有胎盤類段階へと進むにつれて、大きくなっただけでなく、脚(あし)の姿勢と付着筋の変化に伴い、烏喙骨の形も著しく変化した。[川島誠一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の肩帯の言及

【骨格】より

…これに肢帯と自由部とが区別される。肢帯とは前肢の肩帯と後肢の腰帯(骨盤帯)で,いずれも体壁中に没入して,体表から突出している自由部を中軸骨格に結びつける役割を営む。
[魚類の骨格]
 軟骨魚類(図2)では全部が軟骨性,硬鱗魚類では軟骨に一部は骨を交え,硬骨魚類(図3)では大部分が骨で,一部軟骨を交えている(一部にはすべて軟骨の種類もある)。…

【手】より

…上肢と体幹との境界は,体表からいうと三角筋の起始をなす線(鎖骨―肩峰―肩甲棘(きよく))であるが,骨格から見ると肩甲骨と鎖骨は全部広義の上肢のうちに加えられる。この両骨を合わせて〈上肢帯(肩帯)〉といい,いわば上肢を体幹にぶらさげ,運動を円滑にするための仲立ちの部分である。この上肢帯より末梢の,体幹から伸び出した部分を自由上肢という。…

※「肩帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone