コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上麻生レキ(礫)岩 かみあそうれきがん

百科事典マイペディアの解説

上麻生レキ(礫)岩【かみあそうれきがん】

岐阜県加茂郡七宗町の飛騨川の河原に露出するジュラ紀中期のレキ岩。約20億年前という放射年代をもつ片麻岩が発見されている。礫ではあるが現在のところ日本最古の岩石である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

上麻生レキ(礫)岩の関連キーワード岐阜県加茂郡七宗町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android