コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上麻生レキ(礫)岩 かみあそうれきがん

1件 の用語解説(上麻生レキ(礫)岩の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

上麻生レキ(礫)岩【かみあそうれきがん】

岐阜県加茂郡七宗町の飛騨川の河原に露出するジュラ紀中期のレキ岩。約20億年前という放射年代をもつ片麻岩の礫が発見されている。礫ではあるが現在のところ日本最古の岩石である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

上麻生レキ(礫)岩の関連キーワード飛騨川飛騨木曾川国定公園天の河原加茂紙河原町賽の河原四条河原美濃加茂飛騨馬瀬川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone