コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨川 ひだがわ

5件 の用語解説(飛騨川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛騨川
ひだがわ

岐阜県の中央部を流れる川。全長 137km。乗鞍岳 (3026m) 西麓に源を発し,ほぼ南西流して,美濃加茂市付近で木曾川に合流する。河川法では飛騨川の呼称が用いられるが,金山付近から上流を益田川ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひだ‐がわ〔‐がは〕【飛騨川】

岐阜・長野県境の乗鞍岳の南斜面に源を発し、西流ののち南流して、美濃加茂市で木曽川に注ぐ川。上流は下呂市まで益田川(ましたがわ)ともいう。長さ約137キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

飛騨川【ひだがわ】

木曾川の大支流。岐阜県内を流れ,益田(ましだ)川とも。長さ148km。乗鞍岳南麓に発して西流し,久々野で南に転じ,美濃加茂市で木曾川に注ぐ。河谷に高山本線が通じ,中山七里のある下呂町から下流の流域は飛騨木曾川国定公園に属する。
→関連項目朝日ダム川辺[町]岐阜[県]久々野[町]下呂[町]白川[町]七宗[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕飛騨川(ひだがわ)


岐阜県東部を流れる川。1級河川(木曽(きそ)川水系)。延長148km。長野県境の野麦(のむぎ)峠西腹に源を発して西流し、のち南流して美濃加茂(みのかも)市東部で木曽川に合流する。流水量が豊富で、上流の高根(たかね)第1ダム(高根乗鞍(のりくら)湖)、高根第2ダム、朝日(あさひ)ダムをはじめ発電所も多い。中・下流域は飛騨木曽川国定公園に属し、中山七里(なかやましちり)の峡谷や天然記念物「飛水(ひすい)峡の甌穴(おうけつ)群」がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛騨川
ひだがわ

岐阜・長野県境の乗鞍(のりくら)岳の南麓(なんろく)を水源とし、岐阜県高山市東部、下呂(げろ)市、加茂郡などを集水域とし、美濃加茂(みのかも)市で木曽(きそ)川に合流する川。下呂市金山(かなやま)町までは益田(ました)川ともよばれる。延長約137キロメートル。地形的に難所も多いが、水力発電をはじめ多目的のダム建設によく利用され、中山七里(なかやましちり)、飛水峡(ひすいきょう)などの景勝地もあり、飛騨木曽川国定公園に指定されている。支流を含め、アユ、イワナ、アマゴなどの釣りが盛んである。上流山地は木曽ヒノキなどの産地。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛騨川の関連情報