飛騨川(読み)ひだがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛騨川
ひだがわ

岐阜県の中央部を流れる川。全長 137km。乗鞍岳 (3026m) 西麓に源を発し,ほぼ南西流して,美濃加茂市付近で木曾川に合流する。河川法では飛騨川の呼称が用いられるが,金山付近から上流益田川ともいう。中,下流部では,石英斑岩秩父古生層を浸食して峡谷を形成,中山七里,飛水峡などの景勝地がある。全流程の各所にダムが建設されて,水力発電が行われる。下呂付近より下流は飛騨木曾川国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

飛騨川【ひだがわ】

木曾川の大支流。岐阜県内を流れ,益田(ましだ)川とも。長さ148km。乗鞍岳南麓に発して西流し,久々野で南に転じ,美濃加茂市で木曾川に注ぐ。河谷に高山本線が通じ,中山七里のある下呂町から下流の流域は飛騨木曾川国定公園に属する。
→関連項目朝日ダム川辺[町]岐阜[県]久々野[町]下呂[町]白川[町]七宗[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕飛騨川(ひだがわ)


岐阜県東部を流れる川。1級河川(木曽(きそ)川水系)。延長148km。長野県境の野麦(のむぎ)峠西腹に源を発して西流し、のち南流して美濃加茂(みのかも)市東部で木曽川に合流する。流水量が豊富で、上流の高根(たかね)第1ダム(高根乗鞍(のりくら)湖)、高根第2ダム、朝日(あさひ)ダムをはじめ発電所も多い。中・下流域は飛騨木曽川国定公園に属し、中山七里(なかやましちり)の峡谷や天然記念物「飛水(ひすい)峡の甌穴(おうけつ)群」がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛騨川
ひだがわ

岐阜・長野県境の乗鞍(のりくら)岳の南麓(なんろく)を水源とし、岐阜県高山市東部、下呂(げろ)市、加茂郡などを集水域とし、美濃加茂(みのかも)市で木曽(きそ)川に合流する川。下呂市金山(かなやま)町までは益田(ました)川ともよばれる。延長約137キロメートル。地形的に難所も多いが、水力発電をはじめ多目的のダム建設によく利用され、中山七里(なかやましちり)、飛水峡(ひすいきょう)などの景勝地もあり、飛騨木曽川国定公園に指定されている。支流を含め、アユ、イワナ、アマゴなどの釣りが盛んである。上流山地は木曽ヒノキなどの産地。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛騨川の関連情報