コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下がり花 サガリバナ

デジタル大辞泉の解説

さがり‐ばな【下がり花】

サガリバナ科の常緑樹湿地自生は枝先に集まってつき、葉の付け根から、白または淡紅色の花が総状に垂れ下がって咲く。琉球列島以南の熱帯分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さがりばな【下がり花】

サガリバナ科の常緑高木。熱帯産で、河口の湿地に自生し、観賞用に栽培もされる。枝をやや垂れ気味に出し、上端付近に大きな広倒披針形の葉をつける。赤色を帯びた白色の四弁花を開く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下がり花の関連キーワードサガリバナ科スイレン河口

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下がり花の関連情報