常緑樹(読み)じょうりょくじゅ(英語表記)evergreen tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常緑樹
じょうりょくじゅ
evergreen tree

四季を通じて常に緑葉を保っている樹木落葉樹に対する語。ただし各葉は幾年間も枯死しないのではなく,寿命は種類にもよるが1年から数年ぐらいで枯死落葉し,次々に新しい葉がつくられていくので落葉現象が目立たない。カシシイなどの常緑広葉樹と,マツモミなどの常緑針葉樹があり,針葉樹を除き温帯の低山地,亜熱帯,熱帯に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうりょく‐じゅ〔ジヤウリヨク‐〕【常緑樹】

1年以上落葉せず、しかも交代に新葉をつけるので、いつも緑葉をもつ樹木。→落葉樹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

常緑樹【じょうりょくじゅ】

四季にわたって葉をつけている樹木。落葉樹の対。カシ,シイなどの常緑広葉樹とマツ,スギなどの常緑針葉樹がある。前者は熱〜暖温帯に,後者は冷温〜亜寒帯におもに分布する。葉の寿命は種類により1〜数年。
→関連項目落葉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうりょくじゅ【常緑樹 evergreen tree】

落葉樹の対語で,葉の寿命が1年以上あり,年中葉をつけている樹木。落葉樹とは葉の寿命で区別されるが,葉が革質や肉質で厚く光沢があるので,葉のついた状態でも,落葉樹と一見して見分けられることが多い。葉の寿命は環境条件によっても変化するが,ヤブツバキクスノキのように1年で,毎年すべての葉が作られるものから,アカマツ,シイのように普通は2年のもの,モミ,ツガのように長ければ10年以上になるものまである。常緑樹の落葉期は,広葉樹では春の新葉展開時が多いが,針葉樹では生長が休止する秋から冬にかけてになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうりょくじゅ【常緑樹】

一年以上枯れない葉をもつ樹木。マツ・ツバキなど。ときわぎ。 ⇔ 落葉樹

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常緑樹
じょうりょくじゅ

葉の交代が連続的に行われ、落葉期をもたない樹木をいう。葉の寿命は温帯以北では1年ないしそれ以上(一般には2~3年)であるが、常緑針葉樹にあっては10年以上も生きている場合がある。熱帯では、新葉の出葉とともに旧葉が落葉していく常緑樹もあり、この場合は葉の寿命が数か月という状態もおこる。日本ではシイ、カシ、タブノキなど照葉樹とよばれる常緑広葉樹のほかに、モミ、ツガ、シラビソ、オオシラビソなどの常緑針葉樹がみられる。ウバメガシは、地中海式気候下に分布する硬葉樹に含められる常緑樹である。[大澤雅彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

常緑樹 (ジョウリョクジュ)

植物。常緑樹の総称。トキワギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうりょく‐じゅ ジャウリョク‥【常緑樹】

〘名〙 一年中落葉しないで、緑色を帯びた葉をつけている樹木。常磐木(ときわぎ)
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉九「夫の常緑樹、人之れを絶愛す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の常緑樹の言及

【落葉樹】より

常緑樹の対語で,葉の寿命が1年に満たず,すべての成葉を失って休眠状態に入る時期をもつ樹木。落葉樹の大半は広葉樹であるが,カラマツ,セコイアのような針葉樹の一部も含まれる。…

※「常緑樹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常緑樹の関連情報