コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り役者 クダリヤクシャ

デジタル大辞泉の解説

くだり‐やくしゃ【下り役者】

上方(かみがた)の役者で、江戸の劇場に出演するために下ってきた者。
「例年霜月一日を顔見世と定め、―地ばえの子供思ひ思ひに」〈浮・元禄大平記・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くだりやくしゃ【下り役者】

上方の役者で江戸の芝居に出ている者。 「 -の乗込は二十七日を極とす/洒落本・当世気とり草」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下り役者の関連キーワード庵看板洒落本上方

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android