コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り薩摩 クダリサツマ

大辞林 第三版の解説

くだりさつま【下り薩摩】

外記げき節の祖、薩摩外記の通称。万治(1658~1661)頃、京都から江戸へ下ったのでいう。また、外記節の通称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下り薩摩の言及

【外記節】より

…江戸古浄瑠璃の曲節。京都の薩摩外記藤原直政が,明暦(1655‐58)のころ江戸に下り,硬派の浄瑠璃を語って〈下り薩摩〉と呼ばれた。2世外記は藤原直勝といったというが,両者の関係は未詳。…

【薩摩外記】より

…薩摩浄雲の弟子と思われるが系統は不明。上方生れで明暦(1655‐58)のころ江戸に下ったらしく,〈下り薩摩〉と呼ばれた。貞享(1684‐88)のころ江戸堺町に操座を興行した。…

※「下り薩摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下り薩摩の関連キーワード薩摩外記(初代)薩摩外記(1世)薩摩浄雲万治外記

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android