コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下崎山のヘトマト行事

デジタル大辞泉プラスの解説

下崎山のヘトマト行事

長崎県五島市下崎山地区に伝わる民俗行事。毎年1月に行われる。白浜神社での奉納相撲、新婚女性による酒樽の上での羽根つき、身体にススを塗った若衆が藁の玉を奪い合う「玉せせり」、大綱引きなどの後、大草履に娘を乗せて担ぎ城山神社に奉納するまでの一連の行事を「ヘトマト」という。語源・起源とも不詳。1987年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android