コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不足数 フソクスウ

デジタル大辞泉の解説

ふそく‐すう【不足数】

自然数aで、a以外の約数(1を含む)の和がaより小さいとき、aを不足数という。例えば、14の約数は、「1」「2」「7」の三つで、その合計が1+2+7=10 となって14より小さいことから、14は不足数となる。→完全数過剰数友愛数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不足数の言及

【整数論】より

…例えば,s(6)=1+2+3+6=12である。s(a)>2a,s(a)=2a,s(a)<2aの三つの場合に従って,aは豊数(過剰数),完全数,輸数(不足数)であるという。ユークリッドは,2e-1が素数であれば2e-1(2e-1)は完全数であることを示したが,L.オイラーは偶数の完全数はこの形に限ることを示した。…

※「不足数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

不足数の関連キーワード被災地への派遣職員補欠選挙約数

不足数の関連情報