コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不適合元素 ふてきごうげんそ incompatible element

1件 の用語解説(不適合元素の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

不適合元素

岩石の部分熔融作用によるマグマの発生や,マグマ分別結晶作用の際に,鉱物中の陽イオンの位置に入りにくい元素はマグマに濃集する.このように陽イオンの位置に合わない元素を不適合元素という.不適合元素は固相と液相の間の分配係数が1よりもかなり小さく,マグマに濃集する.K, Rb, Cs, Sr, Ba, 希土類元素,Th, Uなどのイオン半径が大きいために固相に入りにくいLIL元素と,Zr, Nb, Hf, Taなどイオン価が大きく固相に入りにくいHFS元素とがある.マントルには不適合元素に富む部分(enriched mantle)と,欠如している部分(depleted mantle)とが存在すると考えられている[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不適合元素の関連キーワードマグマ分化作用玄武岩質マグマ岩石成因論的輪廻再熔融作用メタテクシス再生マグマ部分熔融静マグマ分化作用テニオ花崗岩ユーテクタイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone