コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界選手権大会[陸上競技] せかいせんしゅけんたいかい[りくじょうきょうぎ]IAAF World Championships

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界選手権大会[陸上競技]
せかいせんしゅけんたいかい[りくじょうきょうぎ]
IAAF World Championships

国際陸上競技連盟 IAAFが主催する陸上競技の各種目の世界王者を決める競技会。 1983年に第1回大会がヘルシンキで開催された。歴史は浅いが,陸上競技はオリンピック競技大会のメイン競技だけに注目度はきわめて高く,オリンピック,サッカーのワールドカップに次ぐスポーツのビッグイベントといわれる。 1991年の第3回東京大会までは4年に1度だったが,1993年の第4回シュツットガルト大会から2年に1度の開催となった。このころから賞金大会化を求める声が選手側から強まり,1993年大会と 1995年大会では各種目の優勝者に高級車が贈られたが,1997年アテネ大会からついに賞金大会となり,優勝者には6万ドル,世界新記録には 10万ドルのボーナスが支給されることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界選手権大会[陸上競技]の関連キーワードオスカー ピストリウスオスカー ピストリウスウサイン・ボルト国際陸上競技連盟ワールドチャレンジミーティングスパーミット大会セバスチャン コーセルゲイ ブブカカール ルイスセバスチャン コー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android