コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丘陵帯 きゅうりょうたい

デジタル大辞泉の解説

きゅうりょう‐たい〔キウリヨウ‐〕【丘陵帯】

低地帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丘陵帯
きゅうりょうたい

垂直分布帯の一つで、ヨーロッパでは夏緑林帯、またはその下半分にある好暖性ナラ類の優勢な植生帯をよぶが、日本ではおもにクリ、コナラ、イヌシデなどの多い植生帯をさすことが多い。[大場達之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丘陵帯の言及

【垂直分布】より

…植物の垂直分布は,植生の変化とそれによってつくり出される相観の変化によって,いくつかに区分されたもので,垂直分布帯と呼ばれる。日本ではふつう低地から順に,標高500m以下の照葉樹林域を地形によって低地帯,丘陵帯,標高500~1500mの夏緑広葉樹林域を山地帯,標高1500~2500mの針葉樹林域を亜高山帯,標高2500m以上の高木群落のないところを高山帯などと区別する。動物の分布は植生の垂直分布の変化に従って変わる。…

※「丘陵帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丘陵帯の関連キーワードミズタマソウ(水玉草)アキノギンリョウソウサトキマダラヒカゲツリガネニンジンコバノカモメヅルオオカモメヅルキヨスミウツボツルカノコソウギンリョウソウオニルリソウウメガサソウサワルリソウカリガネソウアケボノソウツルニンジンツルギキョウイチヤクソウイワギリソウタニギキョウシノノメソウ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丘陵帯の関連情報