コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木十輔 なみき じゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木十輔 なみき-じゅうすけ

?-? 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
大坂の人。並木永輔の高弟で,のち初代並木正三に師事した。京坂で活躍し,宝暦9年(1759)立作者(たてさくしゃ)になる。並木永輔らと合作し,初代並木五瓶(ごへい)の助作もおこなう。時代物,世話物を得意とした。初名は並木東輔(東祐)。前名は桂の吉(きち),並木松寿軒。後名は並木寿輔(寿助)。名は十助とも。作品に「傾城睦玉川(けいせいむつのたまがわ)」「傾城廓苧環(さとのおだまき)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の並木十輔の言及

【敵討天下茶屋聚】より

…6幕。2世奈河亀輔・並木十輔の作。原名題《大願成就 殿下茶屋聚》。…

※「並木十輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

並木十輔の関連キーワード大願成就殿下茶屋聚並木五瓶(初代)傾城阿波の鳴門敵討天下茶屋聚天下茶屋物並木翁輔英露鳥

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android