コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木永輔 なみき えいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木永輔 なみき-えいすけ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者,浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂の人。並木宗輔高弟。元文2年(1737)大坂角の芝居で岩井伊左衛門らと「子敦盛血汐袈裟(こあつもりちしおのけさ)」をつくり好評をえた。以後,明和7年まで京坂で活躍。宝暦4年からは浄瑠璃もつくる。初名は千種栄助。前名は並木栄助(栄輔,永助)。通称は綿屋治右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の並木永輔の言及

【義経腰越状】より

…通称《五斗三番叟(ごとさんばそう)》,《腰越状》。千簬荘主人,一説には並木永輔作。元来5段だったが,四段目の鶴岡で,家康に擬せられる頼朝を関女が鉄砲でねらい撃つくだりが幕府から禁じられたので三段目までとなった。…

※「並木永輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

並木永輔の関連キーワード岸姫松轡鑑義経腰越状沢村綾助並木丈輔為川宗輔春木本助並木十輔紙治物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android