コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中剃り なかぞり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中剃り
なかぞり

相撲の力士がまげを結いやすいように頭頂部あたりを直径6~7cmの円形に剃ること。中剃りがあると普通の髪には具合が悪いので,引退が近くなると中剃りをやめる力士が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なか‐ずり【中×剃り】

[名](スル)なかぞり」に同じ。

なか‐ぞり【中×剃り】

[名](スル)頭の中央部の髪を剃り去ること。なかずり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうぞり【中剃り】

なかぞり(中剃)」に同じ。 「自みずからよき程に切て-して/浮世草子・五人女 5

なかずり【中剃り】

( 名 ) スル

なかぞり【中剃り】

( 名 ) スル
頭の頂部の髪の毛だけをそること。ちゅうぞり。なかずり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中剃りの関連キーワード中剃り初め浮世草子ちゅう若衆髷髪の毛若衆髪月代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android